どうして娯楽であるマンガが広告手法として活用されているのか?

広告をしても、なかなか集客につながらない。そんなときオススメするのが、マンガをつかったプロモーションです。
最近では、テレビCMや新聞・雑誌広告でもマンガやアニメ風のイラストを活用した事例が目立ちます。
それは、日本の文化としてのマンガがプロモーション手法として市民権を得て、なおかつ実績を残していることに他なりません。
マンガファクトリーでは、集客を目的としたマンガ制作の実績が多数あります。ぜひ一度お問い合せください。

集客用マンガの特徴

興味を引きつける

昔から、マンガは「娯楽」として親しまれています。だからついつい目がとまってしまう、読み込んでしまう癖が、日本人なら老若男女問わずついています。もちろんWebのマンガも同じ。その結果として、マンガ広告には「CTR(クリック率)が向上して多くの人に見てもらえる」「直帰率が改善して伝えたいメッセージが確実に届く」といった効果が期待でき、認知拡大にもつながります。

他社との差別化が可能

就活イベントで配られるパンフレット。それらが一枚も捨てられずに一言一句読まれているとは、残念ながら言えないでしょう。しかし、マンガなら「読んでみようかな」と思ってもらえる可能性が格段に高くなります。日本人にとって身近なマンガという文化を取り入れることで、自社の存在を差別化して求職者に伝えることが可能になります。

ユーザーを疑似体験させる

マンガにはストーリーがあります。写真や動画の撮影と異なり、過去・現在・未来を描くことも可能です。それゆえ、マンガは商品やサービスによってもたらせるよいこと(体験・変化)を分かりやすく訴求できる力があります。これを活用しない手はありません。マンガの主人公のストーリーをユーザーに疑似体験してもらい「私もこうなれるかも」といったイメージをふくらませ、購買意欲を刺激します。

記憶に残る

マンガは、コマ割りによってアピールしたい点をユーザーに強く印象づけ、記憶に残すことができます。AIDMAの法則にあるように、記憶はユーザーの購買心理プロセスにおいて決定的に重要になります。ユーザーの多くは一回のWebサイト訪問では購買まで至らないためです。まずはリターゲティング広告の効果を向上させて、口コミを拡散させること。マンガ広告はその点で大きな効果を発揮します。

利用シーンの一例

ウェブサイトに掲載

自社サイトの目立つ所に掲載することで興味を引きます。サイトの離脱率の低下と、他コンテンツへの回遊を促進できます。

チラシ・DMをマンガに

文字や画像だけのチラシ、見飽きていませんか?マンガのチラシには、他にはないキャッチな魅力があります。

広告バナーもマンガに

マンガが好きな人なら、ついつい続きが読みたくなってしまう。そんなバナーが作れれば、あなたのサイトの閲覧数は急増するでしょう。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。