マンガ冊子やマンガパンフレットを制作したい方必見!⑤パンフとリーフレットの違いとは?

冊子やパンフレット制作をしたいと考えている人の中にも、パンフとリーフレットの違いを知らない人は意外と少なくありません。双方の違いを知らないと制作依頼をする際に困りますし、アピールしたい内容に応じた紙媒体作りができません。そこで、ここではパンフレットとリーフレットの違いを説明します。

パンフレットとリーフレットは似て非なるもの

パンフレットのほうがリーフレットに比べて圧倒的に知名度が高いので、リーフレットの事もまとめてパンフレットと呼ぶことが多いです。 しかしこれらには明確な違いがあり、掲載できる情報量も違いますし、読み手への見せ方も大きく異なってきます。

まずパンフレットは複数枚の紙を用いて仮綴じされている冊子のことであり、商品やサービスに関連する情報が事細かに記されています。 掲載したい情報量が多い場合に用いられることが多く、旅行の情報誌や商品やサービスの案内のための紙媒体として活躍しています。

それに対してリーフレットは一枚の紙で作られているということが最大の特徴で、パンフレットのように仮綴じもなされていませんし、そもそもする必要がありません。大きな紙を使うとある程度の情報量が掲載でき、例えば見開きでマップを掲載したい際などによく使われています。 ただリーフレットは一枚の紙をもとに作られるので、パンフレットに比べると当然情報量は劣ります。

単純に紙を多く使うパンフレットが望ましいというわけではなく、何を目的に制作するのかを考え、情報量や施したいデザイン、また読み手の見やすさなどを考えた上でパンフとリーフレットを使い分けることが大切です。

パンフレット&リーフレットでマンガ広告は活用しやすい

パンフレットやリーフレットは様々な場所で配布されていますが、効果を発揮しているものとそうでないものに分かれます。 やはりデザインが重要視されますし、軽く読むだけではなくしっかりと読まれるためには興味を抱いてもらうことが何よりも重要です。 これはパンフレットでもリーフレットでも同様であり、目立つ場所にマンガ広告を配置しておけば手が伸びやすくなります。 マンガ広告を見ることで作り手が伝えたい情報を賢く伝達でき、マンガ部分以外の文字や図表などにも目を向けてもらえます。 インターネット媒体や紙媒体などその他様々なところでマンガ広告が活用されていて、それにより効果的にサービス案内や会社の紹介などが行えるでしょう。 パンフとリーフレットは紙の枚数が大きな違いですが、そのどちらにおいてもマンガは有効です。

最適なマンガパンフ、リーフレットを

パンフレットとリーフレットの違いは些細なものに見えますが、制作するうえでは大きな違いであり、用意すべき文字や写真、図表にも差があります。 マンガ広告は双方共に気軽に挿入することができ主役的な役割を果たせますが、パンフとリーフレットの違いを知らないと適切な箇所に掲載することは難しいかもしれません。数え切れないほどパンフレットやリーフレットは世の中に溢れていますので、デザインにこだわり見せ方を工夫することが何よりも大切で、状況に応じて最適な政策を行うことが求められます。 その手助けをしてくれるのがマンガ広告であり、多種多様な内容に対応でき、子供も大人も高齢者も分け隔てなく読んでもらうことが可能です。

おわりに

パンフレットもリーフレットもうまく活用できればかなりの効果を挙げられますし、デザイン次第では気軽に手に取ってもらえ、成約などに結びつきます。 パンフとリーフレットは非常に似ており混同するかもしれませんが、前者は複数枚の紙でできていて仮綴じが行われていて、後者は一枚の紙から作られているという特徴があります。 それぞれ違いがあるものの、マンガ広告は両方ともで有効利用することが可能です。ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。