販促POPの役割とマンガ広告

販促POPは街中の至る所で見かけることができ、実店舗が売り上げをアップさせるための秘密兵器ともいえます。ただ今ではほぼすべての店舗が活用しているのでより目立ち、他とは違った部分を見せないと想定しているほどの効果が得られないケースもあります。そもそも、POPはどんな役割があるのでしょうか?今回はこの点について解説したいと思います。

販促POPの役割とは何か?

実店舗に入ると商品棚の周辺やレジ周りなどにたくさん掲示されている販促POP。 これは店を訪れた人たちに特定の商品、サービスのメリットや詳細を端的に伝えて魅力をアピールし、購買に結びつけるためのものです。 とにかく目立たせることが重要で、形や色あい、大きさなど種類は様々です。 数ある商品の中でも特に店側が売りたいと思っている商品をPOP化することが多く、他には新商品やお客さんが興味を持つであろう商品をアピールしています。 何となく商品情報を紙に書いて掲示しているだけでは大きな効果を得ることはできず、お客さんにとってわかりやすく目立たなくてはなりません。 その時にマンガ広告を使う方法もおすすめで、4コママンガなどであれば10秒程度で見ることができるので、あっという間にお客さんの心を掴めます。 ある意味では販促POPは売り場の顔といっても過言ではなく、店舗のイメージを決める要素にもなっています。

デザイン内容と販促POPの効果について

店舗の売り上げを大きく左右するので頻繁にPOPとその効果について議論がなされています。 一瞬でお客さんに対して良い印象を持ってもらい、なおかつ注目してもらわなくてはならないので、商品の良し悪し以上にデザイン性が重要視されます。 同じ商品を異なる販促POPを使用して宣伝して比較した場合、お客さんがPOPに気づいて注目する確率や商品を手にとって購入する確率などは大きく異なります。 まずは派手なデザインや目立つデザインで引き付け、だれもが理解しやすくて、尚且つ商品やサービスの魅力が伝わるマンガ広告をPOPの中に用いると効果を発揮します。 様々なデザインを試してどれが反応率が良いかを見極めることが大切ですが、やはりマンガ広告を使うといった奇をてらった方法はおすすめです。

販促POPの種類について

販促POPには店内に飾るものもあれば、店の外の店頭POPもあります。 さらに物販店におけるPOPと飲食店での店頭POPは意味合いも違いますし、求められる内容も異なってきます。 物品を購入してもらう方が飲食店で注文を受ける以上にハードルが高いので、商品やサービスの利用メリットなどを記したマンガ広告をPOPに使用することが求められます。 昔は自作のPOPばかりがお店の中を飾っていましたが、POPによる競争が激化してきた今は状況が変わり、印刷業者に制作してもらったアイテムが主流になりつつあります。 印刷業者に依頼をする際に用いるデザインの中にマンガ広告を含めれば、圧倒的なコストパフォーマンスが期待できるでしょう。

おわりに

販促POPは商品やサービスなどを効果的に宣伝するための方法で、お店の中だけでなく店頭においても使用されています。 形状や色合いなど様々な種類があり、そして宣伝したいアイテムによって理想的なデザインは異なります。 様々ある販促POPですが、基本的にはすべてのPOPにマンガ広告は有効です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。