マンガ広告はなぜ「分かりやすい」のか?

マンガ広告は活字による広告に比べてわかりやすいと評判で、WEB媒体だけでなく紙媒体においても使用される頻度が増えています。結果的に広告宣伝を望む企業が大きな効果を実感できており、コストパフォーマンスのアップに繋がっています。今回は、そんなマンガ広告の分かりやすさのヒミツに迫りたいと思います!

興味をそそるからこそマンガは力を発揮する

マンガ広告の魅力のひとつに読み手に対して興味をそそらせやすいというポイントがあります。 そもそも多くの消費者は企業が発する広告宣伝に対してプラスの感情ばかりを抱いているわけではなく、批判的かつマイナスイメージを持っているケースも少なくありません。 そういった状態のため闇雲に広告戦略を行うだけではプラスにならず、パフォーマンスの低下に繋がってしまいます。

ですが消費者に対して興味をそそらせることができればマイナス要素が少なくなり、企業側が伝えたいと思っていることをストレートに伝達でき、読み手も特に壁を作ることなく情報を読み進めてくれます。 それを叶えてくれるのがマンガ広告で、ユーモラスなイラストやセリフで引きつけ、なおかつマンガが持っているメリットの分かりやすさも手伝い、大きな効果に繋げます。

ユーモアのあるイラストというのは分かりやすさのアップに大きな影響を与えており、尚且つセリフを加えることで楽しく読み進められます。マンガが読み手にとって分かりやすい理由は様々考えられますが、やはりイラスト活用している部分は大きなポイントでしょう。 興味を持たずにただ見ているだけでも目立つイラストがあれば少なからず興味を抱いてしまいますし、「分かりやすそうだから少し見てみようかな」という考えにもなるでしょう。

一連の流れをストーリーで紹介している点も分かりやすいポイント

読み手がマンガ広告が分かりやすくて興味をそそられるのは従来の広告方法の課題を乗り越えているからです。 情報発信する側が伝えたいこと羅列しているだけでは伝えたい部分が分かりませんし、そもそも目を向けようとも思いません。 しかしストーリー展開で商品やサービスなどの具体的な説明、メリットなどを説明していけば、従来の方法で問題視されていた分かりにくさを解消することが可能です。

イラストは子供にとっても分かりやすくて大人も親近感を覚えることができますし、何よりも堅苦しくなく理解しやすいマンガ広告を用いた手法は人気が出て当然でしょう。

またインパクトを与えることができるので広告宣伝したい内容も効果的に読み手に対してアピールでき、一瞬だけでなく長い時間頭の中で覚えてもらうことができます。 日本人にとって馴染みが深くて誰もが一度は読んだことであろうマンガ。 そのマンガ広告が分かりやすい理由をまとめると、「イラスト効果」「ストーリーによる理解のしやすさ」「インパクトがある」「馴染み深い」「従来手法に比べて宣伝臭くない」といった点が挙げられます。

おわりに

マンガ広告は分かりやすいと言われますが、イラストや重要部分を端的に表したストーリー、インパクトの大きさなどが要因となっています。 このマンガを使った手法はあらゆる場面で活用することができ、注目を浴びています。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。