知っておきたい!マンガ広告のデメリットとは?

マンガ広告は紙媒体のチラシやパンフレットにも有効ですし、WEBコンテンツとしても力を発揮します。 従来の宣伝手法にはない分かりやすさやインパクトを持ち合わせており今後も要注目の方法ですが、デメリットもあります。 マンガ広告を使ってより良い結果を導くためにもデメリットの把握は重要です。そこで今回はマンガ広告のデメリットを解説します!

マンガ制作は難しい

多くの企業がマンガを使用したいと考えていますが、二の足を踏んでしまう最大の理由は制作の難しさにあります。 活字形態や画像であれば自社でも執筆できますし写真撮影や画像加工も可能ですが、漫画となるとそう簡単にはいきません。

イラストがうまく描けて適切なストーリー構成もでき、その他基本的なマンガ作りのポイントを知らなくては駄作にしかなりません。 この点こそが最大のデメリットですが、専門業者に委託することにより結果的に低コストで高いクオリティを誇るマンガ作品を作ることができますし、それをチラシやパンフレット、サイト上に掲載することで大きな効果も期待できるでしょう。

制作が難しいというデメリットも少し目線を変えればメリットに変化させることができます。

気になる納期について

パンフレットやWEBコンテンツの制作を外部に委託する場合、納期が最大のネックになります。 ただ活字による文章は基本的には短納期ですので制作スケジュールを決める際にそれほど気になる存在ではありません。 ですがマンガの場合は少々事情が異なり必要な工程が増えるのでその分の納期も長くなってしまいます。

他にはマンガ広告の制作を依頼する側がマンガに関する知識を持っていないがために出来栄えに悪影響を及ぼす例も見られますし、想像と違った作品に仕上がる可能性もあります。 できればそうならないために事前に勉強しておくことが望ましく、それによりトラブルを防げます。

しかし信頼できるマンガ制作業者であればたとえ自分自身が知識を持っていなくても希望しているようなマンガに仕上げてくれるので、業者選択さえ間違えなければ問題なさそうです。そしてマンガ広告だけでは説明しきれない内容をフォローするためのコンテンツも必須です。

おわりに

マンガ広告は様々な魅力溢れるメリットもありますが、いくつかデメリットもあります。 そのデメリットを知っておけばきちんと対処することができるので、トラブルなくより良いマンガ広告作品作りが可能になります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。