ランディングページ(LP)の構成とマンガ広告

ランディングページは企業がカンパニーサイトなどとは別に、特定の商品やサービスを宣伝するために設けるものです。 ですのでとにかく売れる・申し込まれるための仕掛けをたくさん用意しなくてはなりませんし、ユーザー第一で物事を考えることも重要です。 理想的なランディングページの構成を知り実践し、またマンガ広告を掲載することも効果を挙げるためには不可欠です。今回はそんなマンガLPの構成について取り上げたいと思います!

ランディングページの構成について

もちろんこのような構成にしなくてはならないというルールはありませんが、成果を高めようと思えばおのずと同じような構成になります。 扱う商品やサービス、売り方によって多少違いはあるものの基本は同一なので、様々あるランディングページを見比べると共通点に気が付くでしょう。

まずはファーストビューの部分には商品やサービスを端的に表すキャッチコピーやそれに付随する文章、申し込みや購入ボタンを設置します。 そしてその下の部分に具体的なメリットを書き連ねて、続いてどのような人に向いているのか、使い方などの詳細情報を掲載します。 最後に実際に使用している人たちのレビューやQ&Aを設け、消費者の行動を後押しします。

ランディングページは文字や画像、表などを用いていて、動画が使用されることもありますし、マンガ広告が掲載されることもあります。 マンガ広告や動画は直接的にアプローチしやすく、見ている人も分かりやすいというメリットがあります。

マンガをうまく活用し、申し込みや購入ボタンを複数個挿入することも重要ですし、商品やサービスを利用するに当たっての不安をうまく取り除けるようなコンテンツも設けてください。

ランディングページとマンガ広告

以前は特化したランディングページを作れば売れるという時代もありましたが今ではLPが増えすぎたこともあり、まずは縦にスクロールしてもらう必要があります。 そのためにマンガは大きな役割を果たし、ネットユーザーは「とりあえずマンガだけ読んでみよう」という気持ちになるのです。 活字を読むのは面倒でもマンガ広告であれば面倒なく読めるので強みになっています。

例えばランディングページのファーストビュー部分やその直下部分にマンガ広告を掲載しているケースも多く、マンガで説明された商品やサービスのメリットに興味を持ちランディングページの最下部まで読み進めるというのが作戦のひとつです。 LPは分かりやすく作られていますが一部分だけを読んでもなかなか理解できるものではありません。 しかしマンガを一通り読めば大体の内容を理解できるので、ネットユーザーの知りたいという気持ちにうまく応えられるのです。

現時点ではまだまだマンガがランディングページに組み込まれていませんが、効果の大きさから恐らく近いうちにマンガカ導入されたLPが増加するはずです。

おわりに

ランディングページはオシャレなだけでは意味がなく成果を挙げる必要があり、そのためには構成が何よりも重要です。 次々と読み進めたくなるような展開を作り上げ、マンガを駆使して興味を惹きつけることも重要です。 マンガ広告は分かりやすさを演出しやすいのであらゆるターゲットに支持されています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。