マンガは、マーケティングツールである。

マーケティングという言葉が一般化していますが、実はマーケティングは幅広い意味を持っています。 その中で販売戦略や市場活動といった意味合いで使われることが多く、マーケティングツール=売るためのツールといっても過言ではありません。

いろいろと工夫を凝らして様々なマーケティングツールを活用しても成果が出ることばかりではありません。 実はマンガはマーケティングツールとしても優秀であり、近頃では積極的に用いられ始めています。そこで今回はマンガ✕マーケティングのポイントを解説したいと思います!

マーケティングツールとしてのマンガ広告

マンガ広告がマーケティングツールとして使用されている理由は様々ありますが、成果を出しやすい、ターゲットが求めるものを表現しやすい、読み手が興味を持ってくれるなどがあります。 これらは非常に大きな強みであり、他のツールとは一線を画す存在です。

WEBだけに焦点を当ててみても宣伝広告の方法は数え切れないほどありますし、WEB以外も含めるというより選択肢は増えます。 それらあらゆる広告手法として使用できるのがマンガのメリットであり強みで、右脳と左脳の両方にアプローチできるという部分もポイントです。

人間は右脳と左脳で考えて行動していますが、一般的な宣伝方法であれば左脳にのみアプローチするものが多いです。 ですがマンガの場合は両方に働きかけるためより効果を発揮し、ランディングページなどの滞在時間は平均すると2倍程度に増え、直帰率や離脱率も改善する傾向にあります。 WEB以外も恐らく同様であり、チラシなどの紙媒体の場合もマンガがあれば興味をそそりやすくて読んでくれる人の割合も増加するでしょう。

これらの特徴を見るとマンガが極めて優れたマーケティングツールであることが理解でき、数多くの企業で取り入れられ始めている理由が分かります。

toBでもマンガが活躍!

インターネットの登場によりこれまで以上に情報に晒されるようになった消費者は以前とは比較にならないほどの見極める能力を身につけています。 ですので売るために必要なマーケティングツールをどれだけ有しているかが重要になりますし、マンガ広告を単純に掲載するだけではなくて「続きはコチラ」のようにうまく誘導する方法もおすすめです。

あくまでもマンガはきっかけ作りですのでうまく生かすためには様々な工夫が必要になります。 BtoCでマンガ広告によるマーケティングを行うことが一般的でしたが、BtoBであってもマンガは魅力的なマーケティングツールになることがわかっています。

おわりに

マンガはマーケティングツールとしても使えることを理解していれば宣伝広告の幅を広げて効果を高められます。 左脳と右脳の両方にアプローチできる部分も特徴で、WEBをはじめ紙媒体などにも活用できるので今後はよりマンガ広告が利用され始めるでしょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。