マンガLPの落とし穴

マンガ広告を使ったLPはマンガがないものに比べて親しみやすさやインパクトが圧倒的に期待でき、実際に活用例も多数見られます。 使い方次第では大きな効果を発揮しますが、落とし穴がある点にも注目してください。

確かに落とし穴がありますがLPの特性を知り落とし穴となり得る部分に気づけばより成果を挙げることができるランディングページ作りが可能になるでしょう。マンガLPを検討している方は、ぜひご覧になってみてください!

マンガはLPのファーストビュー部分に設置すること

LPをはじめ様々なWEBサイトにマンガ広告を掲載する理由は、「目立つから」「興味を与えられるから」などが挙げられますが、ファーストビュー部分に設置しないとそもそもマンガの存在にすら気づかれません。 それでは全く意味がなく宝の持ち腐れ状態になりかねません。 これがマンガLPを作る場合に知っておかなくてはならない落とし穴ですが、逆にいうとこの問題に気づき対処しておけば落とし穴となり得るリスクは回避できます。

まずは読んでもらわなくては何も始まらず、自社の商品やサービスの魅力や特徴を伝えられません。 人間は自分では気づいていませんがホームページを見るときにはスクロールせずに目に入る情報を参考に、スクロールして見続けるかどうかを決めると言われています。 ですからファーストビュー部分に少しでもマンガが見えていれば興味を誘いやすくなること間違いありませんし、避けたい落とし穴対策もできます。

LPにマンガを使ってハードルを下げる

多種多様な情報が入り乱れている世の中なのでインターネットをしている人たちは知らず知らずのうちに情報を取捨選択しています。 いちいちすべての情報に目を通すことなどは不可能ですし、興味のない情報を見続けるのは苦痛でしかありません。

読むためのハードルを下げることが読み進めてもらい成果を出すには不可欠で、マンガ広告を掲載することにより気がかりなハードルの高さもクリアできます。

マンガLPの落とし穴の「ファーストビュー以外でマンガを使う」のではなくて適切な場所に置くことで、読み手に対して無理なくアプローチができ自然と読み進めたい感情を抱かせられます。

おわりに

マンガをLPに用いれば必ず成功するわけではなく、ファーストビューの部分に設置することが重要です。 これを怠ってしまうとマンガLPの落とし穴にはまってしまい、本来期待できる効果が期待できなくなるでしょう。 スクロールせずに見える部分にマンガを置くことで親しみやすさや興味深さを演出でき、スクロールして見続けてもらえるはずです。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。