マンガ制作のプロセスを大公開!

娯楽としてのマンガだけでなくプロモーション活動などの際にもマンガが使用されるようになりました。 ですので自分が読み手になるだけでなく作り手になってマンガを通しての情報発信を行う人も今後は増加するでしょう。

ただ多くの人にとってマンガは販売されているものを読むという存在なので、制作におけるプロセスを把握していない人は大勢います。 価値があり効果の高いマンガを作るためにはプロセスも知っておいた方が良いでしょう。そこで今回はマンガ制作のプロセスをご説明します!

マンガ制作は一般的には専門業者に依頼する

サイトに掲載する文章などであれば自社の内部で執筆することも多々見られますが、マンガの場合は専門的な技術も必要になるのでそうはいきません。 ストーリー展開を考えなくてはなりませんし、イラストを描く必要もあり、さらに根本的なマンガに関する知識がなくてはマンガではなく「マンガのようなもの」にしかなりません。 ですからビジネスで活用するマンガは高いクオリティを要するので、自社内部ではなく専門業者に依頼するケースが目立ちます。

外部に依頼すると言ってもマンガ制作の一連のプロセスを理解しておくことはマイナスではなくプラスに働き、希望している内容通りの作品を作りやすくなります。 業者との打ち合わせの際にも知識があるとスムーズに進みますし、その他のタイミングにもメリットを発揮し、クオリティのアップのみならず納期の短縮に繋がることもあります。

マンガ制作の流れ

本格的にランディングページなどで使用するマンガは見た目もストーリーの流れもしっかりと作り込まれていて、一連の制作プロセスに則った作られ方がされています。

まずは業者側と依頼者側が話し合うヒアリングの場が設けられ、ヒアリングシートへの基礎に基づいた、具体的な内容の話やターゲット、競合情報などを話し合います。 その後マンガ作成に必要なシナリオ素材を作るために訴求できる部分やサービスや商品の特徴や魅力、ターゲットが抱えていると思われる悩みなどを洗い出し、徐々に形にしていきます。 その後主要な登場人物を設定して大体のストーリーを制作し、コマ割り、セリフ付けなどを経て内容の見直しを行い、その際に問題などがあれば修正作業に入り確認をします。

ここで完成ではなくあくまでも準備部分の終了であり、ここからは専門のマンガ家が上記の内容に基づいてマンガを作ります。 マンガ制作部分はもちろん重要なプロセスですが、そこに至るまでの大まかなストーリー作りやキャラクター決めなども成果を高めるマンガ作りのためには必要不可欠です。

これらの流れのいずれかの部分を怠ってしまうとマンガの出来栄えに大きく響いてくるので注意が必要でしょう。

おわりに

マンガ制作の一連のプロセスを見ていくと非常にたくさんの工程があることが分かり、そのどれもが重要度が高いことが理解できます。 依頼する側が求める内容に応じたストーリーや登場人物を設定し、サービスや商品の魅力を最大限伝えられるような工夫がなされています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。