マンガLPはペルソナが重要

マンガ広告を使ったLPはペルソナを意識して作ることにより、高い効果が期待できると言われています。 ペルソナのおかげで必要とされる情報を知ることができ、ランディングページのクオリティの向上に繋がります。

マンガを使ったLPの場合は特にその傾向が顕著なので、どういった人たちがターゲットになり得るのかを把握することが大切です。そこで今回はマンガLPにおけるペルソナの重要性を解説します!

ペルソナとLPの関係

まずペルソナというのはマーケティング用語であり、企業が商品やサービスを展開する際に想定する架空の顧客層のことになります。 効果を高めるためにしっかりとしたターゲティングを行いますが、ペルソナを活用することによってより確実性の高いターゲット分析が可能になります。 結果としてペルソナでターゲットを絞り込むことができれば、LPに記すべき内容をそのターゲットに合わせることも容易です。 闇雲に商品やサービスの情報を書き連ねるのではなく、本当に欲している情報を提供できるというのは大きな強みでしょう。

マンガ広告を用いる場合も増えていますが、漫画には当然登場人物が出てきて、ストーリーが展開されます。 ペルソナによって導き出されたターゲット層を参考に登場人物を作り上げれば、潜在顧客の人たちは自分を重ね合わせることもできるのでプロモーション効果が大きく高まります。 またストーリーも同様で、ターゲットに最も合った形で作り上げられるため自然な形で魅力を伝えられ、高いパフォーマンスを発揮できます。

ペルソナとLPの関係性は非常に深く、この重要性に気づいた企業が続々と意識してLP作成を行っています。

ターゲットを意識したLPにはペルソナが不可欠

インターネットを活用したプロモーションはもちろんのこと、それ以外の手法を用いる際にも、ある程度明確にターゲットを絞り出します。 具体的にどのような業種のどのような部署に在籍する人がターゲットなのか、企業の規模や欲している情報の内容、興味を持っている内容の特徴などを元に絞り込むことにより望ましいLPデザインが見えてきます。

どういった立場の人がLPを見るのか、例えば経営者なのか、管理者なのか、それとも一般ユーザーなのかによっても求められる情報や記すべき内容が異なるので、ペルソナによるターゲット分析は不可欠だといえます。マンガの内容にもペルソナの結果を反映させることができるため、より成果に結びつきやすく、見る人にとって理想的なマンガLPに仕上がります。

おわりに

マンガLPはただ単にマンガを作り掲載すれば良いわけではなく、ペルソナ戦略に基づいてターゲットを選定し、そのターゲットを狙った内容のLP作りを行う必要があります。 従来のターゲティング戦略以上にペルソナ戦略は有用であり、LP作り、マンガLP作りの際にも欠かすことができない存在です。詳しく知りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。