マンガLPでコンバージョンを上げる方法!

テレビを使ってインターネット上で商品やサービスの宣伝活動を行うための理由は、成果を挙げるためです。 成果を何に設定するのかはそれぞれ異なりますが、その目標となるコンバージョンを高めるためにはLPが不可欠です。

実際にとある商品やサービスに特化した宣伝ツールとしてLPが用いられることが以前から多くありましたし、近頃ではマンガLPも頻繁に見かけます。 マンガLPは一般的なランディングページに比べると興味を抱かせやすく、コンバージョンアップにも繋がります。そこで今回はマンガLPでCVを上げる方法をご説明します!

マンガLPでコンバージョンは上がるの?

コンバージョンアップは誰もが望むものですが、そう簡単にはいきません。 何をコンバージョンに設定するのかによっても異なりますが、特に商品の購入やサービスの申し込みのように費用が発するものの場合は難易度が高まりがちです。 その点無料の会員登録や資料請求、お問い合わせなどであれば比較的容易にコンバージョンを高められます。

しかしその難易度に応じた目標を設定し、より高みを目指そうと思った場合頭を悩ませることになります。 まずは読んでもらう必要性があるので、客観的に自分自身がターゲットになりきってLPを見てみるのもおすすめです。 「何となく読んでいる」ではなく「興味を持って読んでいる」と読み手に感じさせるためにはマンガ広告が最も有効的だといわれています。

マンガであれば多くの情報を見慣れてきた人たちにも興味を与え、「読んでみようかな」という気にさせてくれます。 マンガを読んでもらえれば他の部分も読み進めてもらえる可能性も高まるので、必然的にコンバージョンは上がります。

一瞬のうちに魅力をアピールすることが重要

世の中には数え切れないほどのインターネットサイトがあり、LPも数多く存在しています。 LPは宣伝臭くて苦手だと感じる人も一部ではいますが、マンガ広告を活用しLPであれば宣伝臭さを軽減させることが可能ですし、イラストと色合いがもたらす視認効果により戦後に魅力をアピールできます。

読み手にとって魅力的な内容であっても活字であれば読んでもらえない可能性も高まります。 ただマンガ広告という武器があれば重要部分はマンガの中に入れ込むことができるため、マンガを読み終わる頃には興味津々という状態をつくり上げやすくなるでしょう。 ということは、コンバージョンを上げやすくなりますし、コンバージョンに直結する重要部分も読んでもらいやすくなります。

マンガLPには一般的なLPにはない大きな開きがあるので、コンバージョンアップさせたいときにもおすすめです。

おわりに

マンガLPはコンバージョンを上げることができるプロモーションツールとして話題になっていて、無理なく読み手に対して魅力をアピールできます。 企業の行く末にも大きな影響を与えるのがコンバージョン結果ですから、それを高めるためにマンガを導入してみましょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。