実は3通り?マンガLPのパターンとは

商品やサービスを売ることができ、高いコンバージョンを達成できると話題のマンガLP。 実はマンガLPには3通りに分けられており、違いを意識して運用すると効果的だといわれています。

同じ商品やサービスであってもターゲットとなる人たちの種類によって当然内容も変更させる必要があります。そこで今回はマンガLPの3つのパターンを解説します!

マンガLPの3つのパターンについて

大きく分けると次の3通りに分類できます。

1.新規購入や新規申し込みを希望している人向け
2.すでに購入や申し込みをしていてバージョンアップさせたい人向け
3.他社の商品やサービスを利用していて乗り換えたい人向け

1の場合は、そもそも商品やサービスに関する知識を有していない可能性があるので事細かに説明する必要があり、利用することによる利便性などを訴えかけます。 2の場合は、すでに自社製品やサービスを利用しているので、具体的に新しい商品はどのような部分が違いメリットが生まれるのかをアピールすることになります。 3の場合は、他社の商品やサービスと比較した場合のメリットを詳しく伝えることが重要で、見せ方次第でコンバージョンは大きくアップします。

これらすべてに共通しているのがマンガ広告を導入したLPを利用すると分かりやすく読み手に伝えることができ、さらに成果に繋がりやすくなるという点です。

ターゲットによってLPのパターンを変える

上記のようにLPには複数のパターンがあり、どのようなターゲット層が多い商品やサービスなのかによって作り分けるべきです。 そして3つのパターンのマンガLPを作って運用してみるのもおすすめの方法であり、それぞれのターゲットを合致しているパターンのLPに誘導できれば高い効果が期待できます。

パターン戦略を利用したLPによるプロモーション活動を行う場合であっても、当然ターゲットを把握するためのペルソナが必要不可欠になります。

複数パターンのマンガLPを作って効果測定を行いながら運用すると、それぞれの商品やサービスに向いたパターンを知ることもできそうです。 マンガ広告はどのパターンのLPにも導入できるので、成果を高めるためにも積極的に用いたいです。

おわりに

マンガLPといえば効果的な宣伝活動に最適ですが、3つの種類に分類することができます。 それぞれターゲットの属性によって分類するのですが、パターンによってマンガも作り変えることができればかなりの効果が発揮されます。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。