売れるマンガLPとは?

売れるLPは誰にとっても喉から手が出るほど欲しいものですが、そう簡単には作れません。 ペルソナなどによりターゲティングをしっかりと行い、それに基づいたLP作りを行い、その後も効果測定を繰り返し改善することが求められます。

他にはマンガLPを使用することもたくさん売るために大切なことであり、最近では数多くの企業がマンガをLPをはじめとしたインターネットサイトに掲載しています。そこで今回は売れるマンガLPの特徴を解説します!

売れるLPの特徴について

売れるLPというのはユーザーに知って欲しい部分をうまく伝達していることが多いです。 商品やサービスに関連する情報が書き連ねられていますが、重要部分を目立つように表記しているケースが圧倒的に多いです。 色を変えてみたりサイズを大きくするなどの工夫を行い、さらにマンガを導入する例も見られます。

ユーザーが興味を抱いていたとしてもLPすべてに目を通すとは限らないので、作り手側が読み手側に分かりやすいように制作してあげることが重要です。

他には、「興味」→「購入・申し込み」という気持ちの切り替えを促す要素がLPに含まれているかも売れるか売れないかの違いです。 売れるLPはこの要素が含まれているという特徴があり、これはマンガ広告によっても演出できます。

マンガ広告で目立たせて売れるLPにする

基本的には目立たせることが大切なので特にファーストビュー部分においては奇抜な色使いやデザインにより興味をそそることも重要です。 ブランド性を維持するためになかなか奇抜な色使いなどができない場合もありますが、マンガ広告を用いればブランドの価値を損なうことなく目立たせられます。

目立つ=売れるというわけではないものの、目立たせて読み進めてもらわないと契約に結びつかないので、やはり何らかの方法で目立ちを演出することは重要です。

掲載するコンテンツにメリハリがあるかどうかも重要で、画像やアイコンなどでそれを演出することもあります。 しかしそれらの演出方法はすでに多くの読み手が見飽きているものなので効果を生み出しにくい可能性もあるため、マンガ広告を使う方が良さそうです。

おわりに

売れるLPに欠かせない存在となっているマンガ広告は、これまでと違った形で読み手に対して特徴や魅力をアピールできます。 一瞬で興味を持たせることができる強みもありますし、他と差別化できるという点もポイントでしょう。

マンガLPを正しく作り込めば、売り上げを伸ばすことも可能です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。