動画を見ている世代とマンガ広告

インターネット全盛の時代となりましたが、一昔前とは違ったネット利用の形が見られます。 いわゆる動画世代と呼ばれる若い層が活字ページ以上にYouTubeをはじめとした動画を見ているので、プロモーション活動に動画などを用いれば一定の層に効果があるのではないでしょうか。動画以上にどこでも気軽にみることができ、遊び心をもたらしてくれるマンガも動画と同じように大きな効果が望めます。そこで今回は、動画世代とマンガ広告の関係について解説したいと思います!

動画というツールが注目され始めている

以前から動画はありテレビで配信されていましたが、スマートフォンの普及によってより気軽に動画に親しむことができるようになりました。 情報を得るための手段として、娯楽手段としてなど様々な目的で動画を見ているのが10代や20代などの若い世代です。

若い世代をターゲットとした宣伝活動を行う際には従来の広告戦略ではなく、動画を用いる方法もおすすめです。 動画だと読む必要がないので気楽に見ることができますが、「再生」「早送り」などが面倒で、音声の心配もあるので知らない動画は見ない…というケースもあります。

その点マンガ広告であれば自分のペースでスクロールをしながら読み進められ、当然音声の不安もありません。 動画世代には動画の他にもマンガ広告も非常におすすめのツールであり、かなり大きな効果が期待できるでしょう。

イラストキャラクターに対する親近感を持つ動画世代

昔からマンガはあったもののここ最近の動画世代の人たちはよりイラストキャラクターに対する親近感を持っています。 ということは、難しい内容や宣伝要素の強い内容であっても、イラストとセリフを用いてマンガ化することにより興味を抱きやすくなります。

広告に対して嫌悪感を持っている人に対しても動画やマンガを使った戦略は功を奏しやすく、自宅にいる時も外出中も見てもらえます。

動画というツールの存在が当たり前になってきた今だからこそ、これらを好む世代をターゲットとしたマンガ広告LPやマンガ広告パンフレットなどが成果を残しやすくなります。 特に興味深い内容のマンガであればSNSで一気に拡散され、想定しているよりも大きな反響が得られる可能性もあるでしょう。

おわりに

動画をYouTubeなどで見ている世代に対しても商品やサービスのプロモーションを行う必要があります。 それ以外にも活字以上に気軽にみることができるマンガも特にイラストの力を活用しやすく、内容次第では圧倒的な拡散力のおかげで予想以上の成果が見られるはずです。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。