実写動画とマンガ動画のメリット・デメリット

パソコンやタブレット、スマホで動画作品を見る機会が増えてきており、娯楽の幅が広がりを見せています。 動画には大きく分類して実写とマンガ(アニメ)があり、それぞれ似ている部分はあるものの大きな違いもたくさんあります。

メリットやデメリットを理解することでビジネス利用の際に役立ちますし、動画の他にもマンガ広告にも注目してみましょう。そこで今回は両者のメリットとデメリットを比較してみました!

実写動画のメリットとデメリットについて

実写動画はテレビでも、またYouTubeをはじめとした動画サイトでも見ることができ、特にYouTuberによる実写動画は若い世代のハートを射止めています。 企業のCMには実写が用いられることも多く、広告宣伝効果を演出することも可能です。

・メリット
実在の人間を出すことにより表現力を高め、親近感をわかせることができる 宣伝したい商品やサービスを動画に実際に登場させることができるためユーザーに対して直接的に情報伝達ができる

・デメリット
登場する人物によって印象が大きく異なり、プロモーションにおいて逆効果になる可能性もある カメラや編集機材など様々な専門機器が必要で、技術も要する

以上のようなメリットとデメリットがありますが、専門技術が必要な点がネックになります。 その点マンガ広告であれば実写動画撮影や編集の際に必要な機器が必要にならず、少ない労力で作れます。

マンガ動画のメリットとデメリットについて

マンガ(アニメ)動画は小さな子供の時からテレビで見慣れていたという人が圧倒的に多く、楽しく見ることができます。

・メリット
実写以上に気軽に視聴できる 奇をてらった表現でプロモーションができる 登場キャラクターの魅力をうまく活用すれば商品やサービスの好感度も高まる

・デメリット
実写映像以上に制作するのが困難

ランディングページやパンフレットなどに用いられているマンガ広告とマンガ(アニメ)動画では、制作における労力が桁違いです。 マンガ広告であれば動画に比べると作りやすく、コストパフォーマンスに優れた宣伝活動ができそうです。

おわりに

実写動画とマンガ(アニメ)動画のメリットとデメリットを見ていくと、両者の具体的な違いに気づきます。 双方とも魅力がある方法ではあるものの、マンガ広告に比べると制作しづらいという面も持ち合わせています。 動画とマンガ広告をうまく併用できればユーザーが本当に求めている形での情報提供が可能になるので、配信する企業にとってもメリットが多くなります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。