LP動画とマンガ広告

LPは活字や画像などで構成されているのですが、自社の商品をよりアピールするためには動画やマンガの使用が欠かせません。 ファーストビュー部分にこれらが掲載されているLPも増えてきていて、インターネットサイトに関する時代の流れを実感できます。

動画もマンガも双方とも活字に比べて頭に情報を入れやすいというメリットがあり、今後はより活用されるはずです。 そこで今回はLP動画とマンガ広告をご紹介します!

効果的な場所で効果的なツールを使うメリット

例えばLPの場合最も注意しなくてはならないのはブラウザを開いた際にすぐさま目に入るファーストビューの部分です。 ここの部分が作り込まれていなくて魅力を感じなくては、わざわざスクロールをして続きを読もうとは思わないでしょう。

しかし画像や活字といった手法で作り込んであったとしても既視感のせいであまり魅力を感じないと言われています。 そんな時にもLP動画やマンガ広告は非常に強みを発揮し、ユーザーが興味を抱きやすくなるでしょう。

効果的な場合所で効果的なツールを使うというのが基本的なルールですか、「効果的な場所=ファーストビュー」てあり「効果的なツール=LP動画やマンガ広告」となります。

これらを使用するメリットは目立たせやすいというものの他にも様々あり、的確かつ分かりやすく情報伝達ができる点もメリットです。 LP動画もマンガ広告もストーリー展開を意識した構成ができ、作り手が意図した形でユーザーが動いてくれやすくなります。

LP動画とマンガ広告の効果の違いについて

LP動画もマンガ広告も共にLPのファーストビュー部分に掲載すれば大きな反響を得られますが、当然違いもあります。 動画はあくまでもユーザーがタップorクリックをして再生させなければ動かず、具体的にどのような内容の動画が流れるのかは実際に再生ボタンを押してからでないと分かりません。 その部分がデメリットになる可能性も高く、二の足を踏むユーザーもいるでしょう。

その点マンガ広告はファーストビューの画面にマンガが表示されており、イラストやセリフが組み込まれたコマが目に入りやすいので、LP動画以上に瞬間的な影響力を与えます。 また動画は音声が流れてしまうリスクもあるのでユーザーが躊躇しがちです。

ただどちらも高いコンバージョンを達成できる可能性を秘めていて、次世代的なサイト制作にも欠かせません。

おわりに

LP動画とマンガ広告は両方ともにLPのクオリティを高めてくれる存在であり、特にファーストビュー部分においては不可欠なツールです。 ただしこれらには違いがあることも事実で、それぞれの特性を理解して活用できればより分かりやすい効果が期待できるでしょう。 マンガ広告の場合は動画にあるデメリットを補うことができるため、たくさんの企業が積極的に用いています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。