動画広告の配信先とマンガ広告

動画を視聴した際に様々な形で広告が表示され、企業側がアピールしたい商品サービスのプロモーションがなされています。 動画形式の広告を配信できるサイトは増えているため、宣伝したい商材のターゲットとなる層が多く閲覧しているサイトを選択する必要性があります。

動画に限った話ではなくあらゆるところで様々な形で広告宣伝が行われていて、以前に比べてその幅は非常に広がっています。 それと同様にマンガ広告が利用されるケースも圧倒的に増えていって、インターネット上のみならず紙媒体のパンフレットやリーフレットなどにも活用されています。

動画広告の配信先について

動画広告を配信できるサイトは年々増加していて、まず連想されるのがYouTubeです。 YouTube内で配信されている人気動画の冒頭部分や途中部分に自社の動画広告を挿入することが可能で、動画内容やターゲット層とうまくマッチできれば高い効果が期待できます。

その他にも「クラシル」にも注目すべきであり、これは料理に関するサイトなので料理系の商品やサービスを宣伝する際に広告配信したいです。

そしてビジネスマンによるアクセスが多い「NewsPicks」はユーザー数が200万人を超えていて、3種類の動画広告メニューを用意しています。 最適な動画広告メニューを選択して配信する動画広告にも力を入れればコストパフォーマンスの高いマーケティングとなるでしょう。

その他にもキュレーションサイトの「Gunosy」はアプリケーションのユーザー数も数千万人と非常に多く、大々的かつ属性に合わせた形で広告配信ができます。 これらの他にも「kufura」「NewsTV」など様々な動画広告を配信できるサイトがあり、かなりの勢いで増加しています。

動画広告とマンガ広告に関して

サイトを閲覧している際やアプリを利用している際に現れる動画広告。 すでに当たり前のように表示されるので目新しさがなくなってしまったという声も聞きますし、邪魔だと感じるユーザーもいるかもしれません。 しかし効果はうまく活用すれば絶大であり、自社のプロモーション活動、ブランディング活動において欠かせない存在です。 配信したい広告の配信量をコントロールしながら宣伝できますし、スピーディーに確実な情報を届けられます。

動画広告の他にもマンガ広告という手段も注目され始めています。 動画と違い特に配信先を問わず掲載することができ、外部に制作委託することでクオリティの高い作品を用意できます。 最大の違いは紙媒体に使用できるかどうかであり、マンガ広告は幅広い活用方法があります。

おわりに

動画広告は一部の動画サイトのみで配信できるものではなく、あらゆるポータルサイトやニュースサイトで配信できるようになりました。 ですから望むターゲット層に合わせる形で広告配信ができる強みを得られます。 ただし動画広告は万能ではありませんが、デメリット部分はマンガ広告によって補うことができるでしょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。