SNS広告とマンガ

SNS広告を有効活用できれば、幅広い層に適切な方法で自社商品やサービスのアプローチが可能です。 instagramやFacebookなどそれぞれ異なる特徴を有しているので、広告媒体をうまく選定することも求められます。

単に広告出稿するだけでなく様々なファクターによって表示設定を変えられる点は魅力であり、それとマンガ広告を活用すればよいに高い効果が期待できそうです。

SNS広告の種類

SNS広告には様々な種類があり、各サービスによって特徴が大きく異なっています。 基本的にはユーザーの投稿が表示される際に投稿と投稿の間などに表示されるものが多く、ほとんどのSNS広告はあらかじめ定めた条件に応じたユーザーにのみ広告が表示されるようになっています。 これによって無駄な広告費を支払う必要がなく、コストパフォーマンスを意識した広告出稿が可能になります。

一部のユーザーに特化させる広告だけでなくすべてのユーザーに対してアプローチできる種類も人気があり、予算や商材によって使い分けることが大切です。 一般的な広告とは違いSNS広告はユーザーに気に入ってもらえば拡散してもらえる可能性も高まるので、二次的なアピール効果も期待できます。

SNSにはFacebookやinstagram、Twitter、そしてLINEがあり、それぞれが独自の広告サービスを提供しています。 例えばFacebookの場合はユーザーが登録する時点で事細かなプライベート情報を登録するためより宣伝したい商品やサービスにマッチした層に対してアプローチできます。 ターゲットを定めてピンポイントで狙い撃ちたい際におすすめであり、多くの企業が実践しています。

そしてinstagram広告は主な利用層でもある若い女性に向けた広告が主流で、流行に敏感な女性たちが大きな拡散元となる可能性も秘めています。 マーケティング目的としてinstagramが活用されることも増えていて、このSNS上で広告を出稿するというのは賢い方法でしょう。

Twitterの場合は他のSNS以上に拡散力が高く、気軽にリツイートできる点も魅力です。 比較的長い歴史を誇り認知されていますし、男女ともにアカウントを有し、年齢層もinstagramとは違いに幅広い店が特徴です。

広告の場合は少々状況が異なりますが、日常的に使用するアプリケーションでもあるため広告を目にする機会が多く数多くの人たちに一気にアピールしやすいです。 今ではLINE広告を用いることは珍しくなくなり、様々な目的で活用されています。 多くのSNSが独自の広告サービスを提供しているのですが、そうなるといかに目立つかも重要な意味を持ってきます。 その時に有効活用して欲しいのがマンガ広告であり、これを利用すれば見てもらえる可能性が高まり、誘導したいサイトへのアクセスも容易になるでしょう。

マンガ広告をSNSでうまく活用するために

SNS効果は宣伝効果が高いですが、必ずしも成果が出るとは限りません。 ユーザーにとって広告はもはや当たり前の存在であり、特に気に留めることもなくSNSを活用したコミュニケーションを楽しんでいます。 そんな人たちに対してインパクト溢れるマンガ広告を使用したアプローチを行うと、興味を抱いてもらいやすくなります。

ターゲットとなる層に合わせたキャラクターデザインを用いることが最重要であり、ストーリーもターゲットに関わりのあるものにすることが大切です。 そのためにはターゲットや広告目的を明確にしなくてはならず、事前の調査が不可欠となります。

またそれぞれのSNSには広告に関する規約が設けられているので、それに違反することのないように制作し、宣伝活動をすることで徐々に大きな効果が得やすくなります。 マンガ広告は従来の広告に比べて目立ちやすくて関心を得やすいという武器があるため、SNSをうまく利用したいです。

おわりに

SNS広告には多くの種類があり、Facebookやinstagramなど、それぞれ広告の出稿ルールが異なります。 利用層を調べ、宣伝したい商品やサービスのターゲットに合致している場合には、効果の高いマンガ広告を利用してプロモーションを行うべきでしょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。