Facebook広告とマンガ

Facebookは一時期の勢いは失ったもののまだまだアクティブユーザー数が多く、男性も女性もまた年齢を問わず多くの人が利用しています。 単純にコミュニケーション目的で利用する人以外も活用しているSNSなので、Facebook広告はうまく利用できれば大きな効果を得ることが可能です。

マンガ要素を加えた広告を出稿したり、Facebookからマンガページへアクセス誘導する方法もおすすめで、高いターゲティング精度が自慢です。

Facebookの現状と広告について

上記のようにまだFacebookは賑わいを見せていますが、昔に比べると利用者数自体は減少しています。 ただし10代~60代以上の男女が利用しているという部分は他のSNSにはない大きなメリットです。 日本ではやはり30代の利用が最も多く、次いで20代、40代となりますが、60代のユーザー数も500万人を突破しているという現状があります。

パソコンとスマートフォンでは広告が表示される部分が異なりますが、クリック率を高めることが期待できます。 タイムラインのニュースフィード内の広告は非常に目立ち、特にスマートフォンに向けた広告であれば必ず目に入るといっても過言ではありません。

Facebook広告の詳細とメリット

マンガ広告と組み合わせることもできるFacebook広告は、かなり具体的にターゲットを指定できるため、確実性の高いアピールができます。 宣伝のために用いることができる予算を賢く使え、年代だけでなく趣味や嗜好なども考慮した上で指定ができる点はメリットでしょう。

またFacebook広告は認知、検討、購入など様々な目的を達成できる広告出稿の場で、基本的にはどのような目的であっても最大限の効果を挙げられそうです。 広告媒体の中にはただ宣伝できるだけというものもあるわけですが、Facebook広告の場合はより広告主にとって嬉しいシステムが整っています。

ユーザー選択ができ、少ない予算であっても広告出稿ができる点はFacebook広告の特徴で、面倒な手段を採用することなく出稿でき、また停止や再開の手続きも容易です。 外部サイトへの誘導の他にもFacebook内の自社ページに誘導することもでき、より密なコミュニケーションを取れると評判です。 マンガ要素をFacebookに加えることによりユーザーに対して目新しさを訴えかけられ、他社と違った切り口で商材の宣伝が可能になります。

Facebook広告を実践する際に知っておきたいこと

リンク広告、写真広告、カルーセル広告のような手段の他にも、動画広告やキャンバス広告などもあり、中にはマンガのメリットを生かせる種類もあります。 マンガはリード獲得広告にも、近隣エリア広告にも、そしてクーポン広告やアプリのインストール広告にも有効利用できそうです。

課金システムはクリック課金制度や、インプレッションに応じた課金、その他にも最適化インプレッション課金というものもあり、目的に応じた方法の選択が行いやすいです。 クリエイティブで面白味のある内容の広告の掲載もしやすく、例えばマンガ広告などはFacebook広告と連携させても面白いです。

おわりに

Facebook広告はあらゆる層に対してアプローチができる上に、一部のユーザーにのみ配信することも可能なので、自由度の高い戦略が実行できます。 マンガ広告はネット上においても注目されていて、SNSと連携させることにより新しい顧客層の獲得に繋がります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。