Twitter広告とマンガ

Twitterは短文を気軽につぶやくことができ、画像や動画も発信できるためSNSの中でもハードルが比較的低いです。 あらゆる個人や組織がTwitterアカウントを保有しているので、それらを狙った広告戦略も有効です。

広告キャンペーンの種類も豊富で、中にはマンガ広告を活用できるものもあるのでおすすめです。 まだまだ人気度が高くアクティブユーザーも多いためTwitter広告の需要は今後も期待できるでしょう。そこで今回はTwitter広告とマンガ広告について解説します!

Twitter広告の種類と特徴について

Twitter広告にはフォロワーキャンペーン、ウェブサイトクリックキャンペーン、アプリキャンペーン、オートプロモートキャンペーンをはじめとした数多くのキャンペーンがあります。 目的に応じてキャンペーンを使い分けることができ、フォロー数のアップや自社サイトへの誘導、拡散効果、エンゲージメントの獲得などが可能な広告があるので非常にメリットが大きく、有効活用できれば大きなプロモーション効果が得られます。

またターゲティングにおいても複数の種類が用意されていて、キーワードやフォロワー、そして行動をはじめとした条件でターゲティングできるため、配信したい人に対して広告を見せることができます。 ですのでマンガを好む層に対してマンガ広告を活用するなども可能であり、コストパフォーマンスを高めることにもつながります。

Twitterを見ると理解できますが、数多くの広告主が様々な形で広告を掲載しています。 Twitter広告が効果的だからこそ広告掲載がなされているのであり、他のSNSとは差別化されたコミュニケーション方法によって広告主も恩恵を受けられます。

Twitter広告を出すメリットとマンガ広告について

マンガ広告は一昔前にはそれほど見られませんでしたが、徐々に数多くの企業がサイトなどに掲載する例が増えてきています。 単純に自社サイトに掲載するのみならず、広告と連動させることにより大きな効果を得ようと考えているようです。

他社とは違ったプロモーション戦略のためにはマンガは有用であり、それはTwitter広告とも連携させられます。 そんなTwitter広告にはたくさんのメリットがあります。

まずはプロモートキャンペーンによる広告を出稿した場合に、Twitterユーザーが反響を示してくれればそれらのユーザーが不特定多数の人たちに拡散してくれます。 本来期待していた以上の範囲に広告効果が及ぶことになり、コストパフォーマンスも非常に高まるでしょう。 またCPCがリスティング広告と比較した場合に安価で済むケースが多いと言われていますし、Twitterを使うことでこれまでリーチできなかった層のユーザーに対してアプローチをかけられます。

これらのメリットは非常に大きなものであり、マンガを活かすことができればより大きな拡散となり、数多くのユーザーが広告を目にするでしょう。

おわりに

Twitter広告は他のSNS広告とは少し違い二次拡散させやすい特徴を持っています。 ユーザー層が幅広く、気軽性の高いSNSなので今後も利用され続けるでしょう。 Twitter広告のプロモートキャンペーンのメリットでもある拡散は、マンガ広告の力を借りればより大きなものとなりそうです。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。