4大SNS広告とマンガ

4大SNSとはFacebook、instagram、Twitter、LINEのことを指していて、これらは独自の広告サービスを提供しています。 若者だけでなく様々な世代の人たちが4大SNSの中のいくつかを活用しているというケースが多く、消費者にプロモーションをするためにはこのSNSに広告を出稿することが重要だといわれています。

4大SNSはすべて利用者が多く、宣伝のためにもより良い場所ですが、それぞれ特徴が違うので商材に最も合ったものを選ぶべきです。 また賢い宣伝のためには、マンガ広告を利用することもおすすめです。そこで今回は、SNS広告とマンガ広告について解説します!

4大SNSの広告の特徴

・Facebook広告
具体的なターゲティングができている場合に用いればかなり大きな効果を発揮できます。 属性だけでなくエリアターゲティングにも対応している点が魅力で、必要な人に対してのみ広告を出稿できるので貴重な広告予算の無駄遣いを防げます。 これまでも利用されていましたがエリアターゲティングによって海外からの旅行客や日本のその他地域からの旅行客などに対する広告戦略も行いやすくなりました。

・instagram広告
他のSNSやメディアに比べて若い女性のアプローチが行いやすく、instagramを通すことによりブランド化も容易になります。 ブランディング目的でinstagramの広告を活用する企業も増えていて、それ以外にも申し込みや資料の請求などへの誘導も行いやすいです。 画像を使うという特性上、マンガを掲載しやすい点もメリットであり、他とは違った戦略ができるようになります。

・Twitter広告
ツイートする年齢層は比較的若いものの、閲覧者も含めるとも少し上の世代もたくさん利用していることが分かります。 数あるSNSの中でもリアルタイムで起こっている出来事を伝達するためには最適なツールであり、だからこそ広告戦略もやり方次第では有用です。 タイムラインを流れてくる多くの人が興味を持っているリアルタイムな情報に関連させる形で広告出稿を行えば、効果も高まるでしょう。 マンガを用いた宣伝方法も可能であり、マンガが持っているインパクトの大きさや興味をそそる効果などが期待できます。

・LINE広告
LINEは一般的なSNSとは違い趣味や娯楽目的で使用する以外にも、日常的なコミュニケーション手段として使用します。 その部分にLINEの大きな強みがあり、圧倒的多数の人に宣伝を届けることが可能です。 LINEのアプリケーションのインストール数は日本トップクラスであり、あらゆる配信枠が用意されている点もメリットです。 自社商材がどの配信枠であればより高い広告効果を得ることができるのか把握しておくと費用対効果を高めることができます。 LINEの広告枠にはLINEマンガに関するものもあり、マンガ広告の効果の高さをうかがい知ることができます。

マンガ広告はSNS広告にも不可欠

当たり前のようにSNSの投稿の中に現れる広告。 見慣れてしまい特に意識をせず読み飛ばしてしまう例も少なくはありませんが、それでは広告効果を発揮させることは難しいです。

そんな場合にマンガ広告は大きな役割を担い、何よりもインパクトを発揮するので目立たせることができます。 マンガを用いたSNSでの広告戦略は今後も有効だと思います。

おわりに

4大SNSの勢いは今後もしばらく続きそうであり、特に広告に関してはやり方次第では信じられないほどの成果を挙げられるでしょう。 ただ宣伝するだけでなくブランディングにも役立たせることができる点は魅力です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。