SNSとWEB広告の違いとマンガ

SNSサービス内に広告を出稿するケースが増加しているのですが、一般的なWEB広告とは特徴などが違います。 それらの違いを知ることこそが、広告運用のポイントです。 SNS広告はWEB広告には不可能なメリットを得られる可能性が高く、特に特定のターゲットに対するアプローチをかける際に有効です。

マンガはSNSでもWEB広告でもどちらにも活用可能となっているため、ケースバイケース選び分けることが重要です。 そこで今回は、こちらの使い分けとともにマンガ広告について解説します!

SNSは特にターゲティングしやすい

WEB広告の中にも特定のターゲット層に対してアプローチしやすいものもありますが、SNSの場合は登録時点で個人的な情報も入力します。 さらに興味ある内容を投稿し、フォローやタグの使用を使用するので、アプローチした商材に興味を持ちそうなユーザーの絞り込みが容易に行えます。

闇雲に広告出稿すればよいわけではなく、予算を無駄遣いしないためにもきちんと調査をしターゲットを選定し、それに応じた広告戦略を練るべきです。 その手助けをしてくれるのがSNS広告であり、一般的なWEB広告よりも効果を発揮するケースもあります。

SNS広告はプライベートに忍び込める手段

広告というのはインターネットユーザーにとってはある意味邪魔な存在ですが、ターゲティングがなされて自分に興味がある内容の広告が表示されていると途端に興味を抱きやすくなります。 SNSは不思議な空間であり、ユーザーのプライベートに忍び込める手段ともいえます。 ここがWEB広告との最大の違いであり、SNS広告はユーザーにとってマッチした内容のものが表示されやすいため不自然ではないのです。

WEB広告といえばリスティング広告やアドネットワークなどが一般化しており、それぞれ強みを持っています。 ただどうしてもSNSに比べるとターゲット設定しづらいという面があります。

他には拡散されやすさに関してもSNSとWEB広告は違いです。 SNSであればユーザーが興味を持つとすぐに拡散してくれますが、WEB広告の場合は基本的にそれは望めません。 それでは爆発的な広がりを作りづらく、ブーム作りが難しくなるでしょう。

もちろん両者ともにメリットがあり、特にマンガを使えば普段広告を無視しているユーザーにも印象づけられます。 マンガ広告は広告種の壁なく、高い効果を発揮してくれ、情報発信側が伝達したいことをしっかりと伝えてくれます。

おわりに

SNSとWEB広告の違いは様々ありますが、ターゲティングのしやすさや拡散力の違いが特に異なる部分です。 アピールしたい商品やサービスの内容によって使い分け、出稿の際にはマンガでユーザーを惹きつけられるように工夫しましょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。