Instagram広告とFacebook広告の違いとマンガ

instagramが提供している広告サービスとFacebookが提供している広告サービスは似た部分も多いですが、違う点も多いです。 利用者数やそれぞれのメリットやデメリット、広告の種類などを比較することが重要です。

また反響の大きいマンガ広告を掲載しやすいかどうかも判断の基準になるでしょう。 そこで今回はSNS広告とマンガ広告について解説します!

instagramとFacebookを比較する

まずアクティブユーザー数は2018年の段階ではそれほど変わりはありません。 以前はFacebookがかなり多くの人に利用されていましたが少々飽きられ始めていて、その分instagramに注目が集まっている状況です。

ユーザーはFacebookは各年代、性別ともバランスが非常に良いのが特徴ですが、instagramの場合は主に若い女性が利用しているといわれています。

instagramは画像も使用するSNSなので当然画像を活用した広告戦略に強みを発揮し、インスタ映えに結びつけられれば次々と拡散されて広告効果は絶大です。 対してFacebook広告は商品やサービスの認知度向上に役立ち、特定の層だけでなく全体的にプロモーションをかけたい際にもおすすめでしょう。

広告を出稿する際にはあらかじめinstagramやFacebook側で用意されているシステムを利用し、詳細にターゲティングすることができます。 その点は両者とも同じですが、instagramは基本的に若い層が多いためそれ以外の層をターゲットとした戦略の実現は難しいです。

instagramとFacebookには以前から広告が掲載されていましたが、より大きな反響を獲得するためにもマンガ広告の導入は不可欠です。

instagramとFacebook広告の種類とマンガについて

instagramにはサービスの特徴を反映させた写真広告、動画広告、カルーセル広告、ストーリーズ広告が用意され、Facebookにはこれらの他に近隣エリア広告なども備わっています。 単純な広告の種類数で言えばFacebookに軍配が上がり、結局は使用方法次第といえます。

何を目的に定めて宣伝を行うのかを明確にして、適切なターゲット選定が重要になります。 これらはinstagramとFacebookの両方で重要ですが、instagramの場合はより感情に訴えかける必要があります。 感情に訴えかける方法は非常に難しいのですが、マンガを活用できればキャラクターのセリフやしぐさなどで感情をユーザーに対して伝えられるでしょう。

マンガ広告は各SNSの広告サービスをより有効活用するために必要な存在であり、商品の販売や申し込み、プランニングにもおすすめです。

おわりに

instagram広告とFacebook広告の違いを知り、効果を発揮できそうな広告タイプを用いてアプローチすることが大切です。 明確な目的やターゲットを設定し、またマンガによって感情に訴えることも重要でしょう。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。