SNSの動画広告とマンガ

SNS上で展開している各広告サービスの中でも比較的注目度が高まっていて、効果も期待できるのが動画広告です。 Facebookやinstagram、着いた、そしてLINEの4大SNSすべてで動画広告に関するサービスを提供しています。 この動きを見ると動画広告の影響力の大きさを実感できるでしょう。

それと同時にマンガ広告によるプロモーション戦略を行えばまさに鬼に金棒と言えそうです。 そこで今回はSNS動画とマンガ広告について解説します!

SNSの動画広告の詳細

各SNSで用意している動画広告は以下の通りです。 「Facebook=Facebook広告」「instagram=instagram広告」「Twitter=プロモビデオ」「LINE=LINEAdsPlatform」となります。

それぞれ設けられているルールに違いはあるものの、Facebookの場合は動画の長さに関するルールが緩く最長で2時間まで可能です。 その他はTwitterが最長で10分、instagramとLINEは60秒が限度です。

例えば60秒の間で商品やサービスの詳細情報を伝えることは困難なので、主にブランディングや興味を抱かせるためのきっかけ作りとして使われることも多いです。 逆にFacebookの最長2時間という動画の場合はそれ以外の活用方法も期待でき、企業も積極的に活用しています。

どれくらいの長さの動画が必要なのかをしっかりと見極めた上でSNSに動画広告を掲載するようにしてください。 動画の中にマンガ要素を取り入れたり、動画広告とは別でマンガ広告を用いることも新たなファン層拡大のためには不可欠でしょう。

SNSの動画広告のメリットについて

SNSの広告は動画だけではなくその他の方法でも出稿することが可能です。 動画だからこそメリットを発揮するケースも多く、より分かりやすく伝えられることができます。

SNSは数千万人単位のユーザーを確保しているので自らメディアを有していない場合であっても気軽に情報の発信が行えます。 またSNSの動画広告はリツイート機能、コメント機能などが多彩なため、驚きのスピードで拡散されます。

これらはインターネットを使ってプロモーションをしたいと考える企業にとって非常に大きなメリットとなります。

他にもメリットはたくさんあり、SNSの種類によって強みを発揮するユーザー属性が異なるため、動画広告を条件に合ったSNSで配信可能です。

あらゆる形で広告が作られ、ユーザーに対して発信されていて、その中にはすでに一般化され始めているマンガ広告も少なくありません。 マンガ広告は動画や活字による広告にはない魅力を備えて、感情の表現が容易で、大きなインパクトを与えられる点も強みです。

おわりに

SNSの動画広告は4大SNSすべてがサービスを提供していて、もはやなくてはならない存在です。 各サービスにより動画広告の詳細ルールは大きく違うものの、宣伝したい内容に合致していれば瞬く間に世の中に情報発信できます。 動画だけでなくマンガ広告もSNS上で活用されていて、動画と併用するのも良い方法でしょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。