SNS広告で効果的なバナーとは?マンガの相乗効果こそ切り札!

SNS広告で有効だと言われるバナーは通常のリスティング広告で用いられるサイズと少々異なります。 Facebook、instagram、Twitter、Lineでバナー掲載ができますが、特にinstagramは対応しているサイズの数が多いです。 ただ一般WEB用のバナーに比べるとサイズの種類が少なく、高い効果を期待する際にはサイズはもちろんのこと、画像にも徹底的にこだわるべきです。

またマンガと併用することで相乗効果も得ることができ、非常に効果的な広告戦略となります。 そこで今回はバナー広告とマンガについて解説します!

SNS広告で使用するバナーのサイズと内容について

画像はSNSにとって主役的な存在であり、ストレートに広告主が消費者に対して伝えたいことを伝達できます。 もともとSNS以外、例えばリスティング広告などでもバナーは使用されていましたが、求められる内容やサイズが異なっています。

Googleディスプレイネットワークは主要サイズの他にも、多種多様な広告サイズを用意していて、Yahoo!ディスプレイアドネットワークはGoogleに比べるとサイズの種類は少なくなります。それと同様にSNS広告はinstagramを除いてバナーサイズの制限が厳しい傾向にあり、それぞれ指定されているサイズが異なっています。

これは各SNSの特性を考慮した結果のサイズ設定ですので、それぞれのSNSで宣伝を行う際には推奨サイズでバナーを作ってみましょう。 バナーの大きさによってSNSユーザーが感じる見方が大きく異なり、それが結果として成果に結びつきます。

また画像自体にも工夫が必要で、画像上に文字をたくさん使用してしまうと宣伝色が強くなり敬遠されます。 特にオシャレを求めるSNSの場合はその傾向が強く、機会損失を防ぐためにも、ターゲットユーザーが理想とするようなデザインを心がけ、ブランディングできるようなバナーを作りましょう。

マンガとの相乗効果を狙う

SNS広告はしっかりとバナーを作り込めばユーザーの心を動かして反響を高められますが、いまどきのユーザーはSNSの中に出てくる広告に慣れきっています。 ですのでそれらの人の心を動かすことは容易くはありませんが、マンガを用いてマンガ広告バナーにすることにより一気に状況は良化します。

SNSならではのターゲティングのしやすさに加えてマンガによる相乗効果を加えれば、商品の購入や申し込み、自社サイトへの誘導なども行いやすいです。 洗練されてオシャレな画像が並ぶ中、インパクトが強くてユーザーが好みそうなキャラクターデザインのマンガ広告を利用することは、今後のSNS広告を考える中で不可欠なことです。

おわりに

SNS広告で効果を高めるために効果的なバナーは、各SNSが推奨しているサイズのものを作り、なおかつ画像内に無駄な文字など入れないことです。 そのうえでマンガ広告の要素を加えれば、まさに鬼に金棒ではないでしょうか。 マンガはSNS広告だけでなくインターネット上の広告戦略で切り札となる存在でしょう。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。