【リフォーム会社】売上UPに貢献するマンガ広告の活用例3点

商品内容をマンガ形式で説明する広告は、昔から子供向け教材などで広く使われてきました。

近年ではマンガに親しむ人が増えてきた事もあり、子供向けに限らず企業の広報や採用情報など、さまざまな業種のビジネスシーンにおいてマンガが活用されています。もちろん、リフォーム業界においてもその例外ではありません。

しかし、マンガをビジネスに取り入れてみる、といっても具体的なイメージが想像しにくい人も多いのではないのでしょうか。そこで今回は、リフォームの会社におけるマンガの活用例を3つご紹介したいと思います。

リフォーム商品を紹介するチラシに

まずは、リフォームのメリットを説明するケースを考えてみましょう。

リフォームの広告で大切なのは、施工によって家がどう変わるか、どんな悩みを解決できるかをいかにお客様に実感してもらえるか、という事。マンガ広告では実際にリフォームを考えている人物を登場させ、読み手が彼らを通じてリフォームについて考え、説明されるメリットを実感させることができます。

また工事の説明は堅苦しくなりがちですが、かわいいキャラクターが説明するなどの工夫により、親しみやすさを印象づけることも可能です。さらに、リフォームのメリットには香りや室温など画像では説明しにくいことも多くありますが、マンガには画面効果や描き文字を差し込んだりするなど、見た目で伝えられないことを伝える手法も豊富です。

ランディングページに掲載してCV率UP

さきほどはチラシでしたが、マンガ広告はLPに掲載することも可能です。メインビジュアルのすぐ下にマンガを掲載することで、直帰率の改善などが期待できます。そのマンガの内容ですが、先ほどのようにリフォームのメリットをビフォーアフターで説明するパターン以外にも、商品の説明用としても活用できます。たとえば、太陽光発電のパネル設置について、その取り付けの方法を説明するようなケース。文章だけでは視覚的なイメージがなくて伝わりにくい、写真の素材はなかなか見つからない。そこでマンガが活躍します。自由に表現できるイラストなら、ユーザーにもイメージとして理解してもらえます。この場合はストーリーである必要はないので、マンガを文章と文章との間に挟むような使い方をすることで、内容理解を促すだけではなく、離脱防止にも貢献することができます。

パンフレットでもマンガが大活躍!

マンガは広告チラシやランディングページに限らず、パンフレットなどでも効果があります。パンフレットというと、まだサービスの利用を検討している潜在層向けのものになります。そこでパンフレットでは、ニーズ喚起のために基礎知識を紹介することがありますが、何も知らない人対していきなり長い文章や図表を交えた解説を見せても、興味よりとっつきづらさを感じられてしまいかねません。そんなときに活躍してくれるのが、マンガです。全体としてリフォームを考える一家のストーリーを描きつつ、合間に図表を交えた説明文を挟むという形式にすれば、難しい説明文や図表もユーザーに頭に入りやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リフォーム業界においては、上記以外にもさまざまなかたちでマンガを活用することができます。ご興味のある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。