学習塾はマンガ広告と相性抜群!3つの活用例から解説します

マンガ広告と言えば通信教育のDM広告などで良く使われる手法です。学生時代に受け取った事のある人はとても多いでしょう。マンガ広告はビジネスで使われる場面が増えており、学習塾でもやはり普及しています。そこで今回は、学習塾業界におけるマンガの活用例を3つまとめていきたいと思います。

皆さんご存知のDMマンガのヒミツ

一つ目の活用法は、ダイレクトメール(DM)です。まず、DMというものは開封されなければ全く訴求力はありません。まず封筒を開いてもらう仕掛けが必要であり、その際に力を発揮するのがマンガです。あの〇〇ゼミのマンガDMを毎回楽しみにしていたという方は多いのではないでしょうか。勉強に悩んでいる主人公に自分を重ねて、最終的には勉強も恋愛もスポーツも成功を収めるその主人公の姿に感動する。自分もこうなりたい!と本気で願い、数多くの方が申し込んだようです。親御さんも、子どもたちが「勉強したい!」「頑張りたい!」と訴える姿がとても嬉しかったんだと思います。そういう意味でも、あの◯◯ゼミはターゲティングも完璧でした。マンガには「伝えたい相手にピンポイントでメッセージが届けられる」という利点があり、それがDMというマーケティングツールと相性がとても良かった点も、◯◯ゼミの成功の理由の一つでしょう。

インパクトを与えて、捨てられないチラシに!

二つ目の活用法は、チラシへの掲載です。チラシは冊子よりも紙面が狭く、どうしてもスピーディーな展開のマンガになりがちですが、きちんとストーリー性をもたせることは可能です。たとえば、主人公が悩んでいるところに友人が登場し学習塾を紹介、そのままチラシテキストに移行しその学習塾の強みをキャラクターが要約。ボリュームとしては2ページでも、しっかりとユーザーの感情に訴えかけることができます。ストーリーによって、メッセージが印象に残りやすく、イメージが湧きやすくなるからです。

また、チラシはファーストインプレッションのインパクトがとても重要です。よくあるデザインでは「要らない」と思われてすぐに捨てられることもあります。そこで、マンガの活用です。チラシにマンガのコマが大きく書いてあったら、誰でも一瞬だけなら「何だろう?」と目に留めてくれます。文字ばかりだと逆に情報がすぐ目に入ってこないので、出来ればカラフルでキャラクターも大きく描かれていた方が効果的でしょう。

マンガはパンフレットでも大活躍!

マンガはパンフレットにもよく活用されます。悩みが解決されるまでの一連の流れをすべてマンガにすることは紙面の都合上難しいので、たとえば「息子がなかなか勉強してくれない」といった共感を得やすい問題提起の部分をマンガにして、塾の詳細についてはテキストで説明する、といったマンガとテキストを上手く組み合わせた構成がよく採用されます。ターゲットにまずは興味をもってもらい、本題に入るまでその興味を持続させるような使い方です。

パンフレットはポスティングにも使えますが、設置型にもマンガパンフレットはうってつけです。他との差別化にマンガを使うのは非常に効果的で、立ち止まって読んでくれればOKですし、最後まで読んでくれれば持ち帰ってくれるかもしれません。もともと冊子のような形状であるため、読み込ませるには適しておりマンガにする事で親しみを持ってくれるのもメリットです。

マンガ広告メリットまとめ

学習塾においてマンガ広告は、DMやチラシ、パンフレットなどさまざまなツールで活用されています。学習塾の強みというものは、友達の口コミや保護者の評価、体験教室などでなければ、なかなか伝わりにくいはずです。しかしマンガなら、主人公のサクセスストーリーを追体験してもらうことで、塾の魅力とそのメリットを簡単にイメージしてもらえます。比較的導入が簡単なのも、マンガ広告が人気を集めている理由の一つです。ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください!

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。