【連載】第二回 マンガの「構成」について(青木健生)

はじめに

こんにちは!漫画制作者の青木健生です。今回はマンガの「構成」についてお話します。 どの順番でシーンを展開して、ストーリーをつなげるか。 マンガ広告を制作するにあたっても、読者にテーマや題材の魅力をしっかり伝えるためには「構成力」は非常に大事です。ぜひ参考になさってください。

「起承転結」って?

ストーリーを4つに分ける構成法が、「起承転結」です。 「起」とは一番最初のシーン(場面)、つまりトップシーンのことです。 特にマンガにおいては「トップシーンで読者を引きつけなければ終わり」とまで言われています。その理由は 「トップシーンを読んで『面白くない』と思われたら、その読者は途中で読むのを止める」 からです。 「読まれない漫画」は「終わり」です。 そうならないためにも、「読者を引き込む」「読者に『面白い』と思わせる」ための工夫や努力を、トップシーンの中に詰め込まなければならないのです。 そのためには具体的には ① とにかく「インパクト」をつける(絵的にも内容的にも) ② トップシーンの中に主人公のキャラクターをできるかぎり詰め込む ③ 「いつ・どこで・だれが」をちゃんと分かりやすく紹介する の3点を注意して、トップシーンを作る必要があるでしょう。 次の「承」は、いわゆる「起=トップシーン」と「結=クライマックス」の間のことです。 ここがストーリーにおいては一番長いのですが、結局は 「どうやってトップシーンとクライマックスシーンをつなげるか」 を特に意識して「承」の中のシーン・エピソードは構成すべきです。 どうやって「承」の中を構成すべきなのかは、別の回でお話したいと思います。

転=クライマックス 結=ラストシーンとは?

「転=クライマックス」とは「その作品の中で、一番盛り上がる瞬間」のことです。 クライマックスは、「作品が終わる少し前」に入れるべきだと伝統的に決まっています。 なぜなら、「クライマックスを早めに出してしまうと、読者や観客が最後まで作品を読ん だり観たりしてくれないから」です。  クライマックスを「その作品の中で一番盛り上がる瞬間」にするためには、その瞬間を 「主人公が、その作品の中での最大の『行動』をおこなった瞬間」にするべきです。  こちらも別の回でくわしくお話しますが、この世にある全てのストーリーは登場人物の「『行動』と『反応』のループ」で出来ています。 マンガだろうが映画だろうが、小説だろうがそれは同じです。  その作品の中で一番個性的で、魅力的な登場人物は主人公のはずです。 そんな主人公が行動をし続けることで、ストーリーは展開します。 そして、そのストーリーの中で主人公が「最大の行動」をした瞬間が、クライマックスであるべきなのです。 「最大の行動」とは何かと言えば、難しい言い方をすれば「その作品内での『テーマ』を達成した瞬間」となります。 そしてテーマとは、「(その作品の中で)主人公が実現したいこと」です。 「敵を倒したい!」「彼女と結婚したい!」「試合に勝ちたい!」 など、必ず主人公には「実現したい・やりたいこと」があるはずです。 それがかなうような行動をした瞬間が「最大の『行動』をした瞬間」になり、そこがクライマックスになるのです。

「結」は、ラストシーンのこと

「クライマックスの後の『反応』」「クライマックス後の余韻」 がストーリーにおけるラストシーンで、『起承転結』における『結』なのです。 余韻があるくらいの方が、読者にクライマックスやテーマがしっかり伝わります。 ラストシーンはクライマックスほど盛り上がらなくていいですし、盛り上がるべきではありません。ただ、クライマックスでの主人公の行動・活躍を受けての周りの反応は丁寧に描いて、読者に伝えるべきです。 そのためには自然に静かな、落ち着いたシーンにはなるはずです。 映画のラストシーンは、エンドロールやエンディングテーマと共に流れます。 それくらいの「流す・流れる」くらいの、じっくり読まなくても内容が伝わるような叙情的な内容が、ラストシーンらしいのです。

「ハリウッド式三幕構成」って?

また構成法としては、「ハリウッド式三幕構成」というのもあります。 ハリウッドと名前がついているように、米国の映画界で理論化された構成法です。 ハリウッド式三幕構成ではストーリーは、冒頭から順に「設定」「対立」「解決」の3つで分けられ、それぞれは「ターニングポイント」でつながります。主人公が各ターニングポイントで行動することで、ストーリーを新たな方向に転換させるのです。 ハリウッド式三幕構成と起承転結を比べると、以下のようになります。 設定 = 起 対立 = 承 解決 = 転・結 できるかぎり「設定」を紹介するのが「起」であるべきで、長い「対立」=「承」が続いた末に問題が「解決」するのが「転」なのです。 結局はどちらも、同じような構成法を述べていると言えます。

おわりに

 マンガもふくめたストーリーの構成については、まずは 「トップシーン(起)で出来るかぎり設定を出す」 「クライマックス(転)でテーマを描き、主人公が抱えている問題を解決させる」 の2点を意識して考えるだけでも、レベルが上がっていくと思います。 「意識」さえ高ければ、画力や経験に関係なく面白いマンガが描けるのです!

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。