3つの活用例でわかる!マンガ広告を塗装業にオススメする理由

日本に広く浸透するマンガが、広報や採用といったビジネスで活用されているのを目にする人も多いでしょう。もちろん塗装業も例外にもれず。そこで今回は、マンガのメリットともに塗装業におけるマンガ広告の活用例を3つご紹介します。

たくさんの情報がカンタンに伝わります

マンガ活用の一つ目は、チラシです。文字として並べてしまっては読み飛ばされてしまうような内容も、文だけでは伝えきれない意気込みも、マンガなら簡単に表現できてしまいます。加えて、文章のみの広告に比べ、マンガは見た人の注意をひき、親しみを感じさせる効果もあります。

たとえば、チラシの表紙を、壁の汚れやリフォームの依頼、バリアフリー工事や防水点検といった悩みを抱え困っている人々と「私たちにおまかせください!!」と勢いよく飛び出す社員のイラストにするのはいかがでしょうか。ひと目で「誰に向けてのチラシか」がわかり、また「どのような悩みを解決してくれる会社か」が理解でき、さらに会社の明るい雰囲気まで、瞬時に伝わります。

ストーリーにより理解を促します

マンガの魅力は、何といってもストーリーです。ストーリーのおかげで、商品やサービスを利用した場合のビフォーアフターがイメージでき、そのメリットがよく伝わります。たとえば、塗装なんてどこでやっても同じでしょ?と考えているターゲットに対しては、塗装の情報が次のようなストーリーが考えられます。

友達の話を聞いて外装塗装を持ちかける子供と、塗装の情報がわからず困り果てる両親。そこで塗装店に問い合わせると、子どもの友だちのお宅は法外に高い工事費を請求していたことが発覚・・・!その理由について、職人が一つ一つ丁寧に説明して、友だちのお宅も自宅も納得のいく塗装工事ができた。このようにマンガなら、ストーリーを用いて順序だてて内容を説明していくことができます。情報の羅列よりも関連付けられたストーリーのほうが頭に入りやすく、印象の強い広告になります。

エンタメ要素を入れて、思わず最後まで一気読み!

かわいいキャラクターを使ったり、お笑いの要素を入れたり・・・。マンガならこうしたエンタメの要素を取り入れることにより、あまり関心がなかったような潜在層のターゲットを引きつけることが可能です。たとえば、家がボロいと言われ落ち込む主婦に、突如現れた可愛らしいペンギンのキャラクターが、グラフデータや写真を交えて外壁塗装の情報やメリットを伝えるような内容はいかがでしょう。可愛い動物のキャラクターを起用することで読み手に好感を持たせ、オチまでつけたストーリー展開にすることで、広告を最後まで読ませる効果があります。可愛らしい絵柄やキャラクターなら、会社のイメージも好印象なものになること間違いなしです。グラフや写真を使ってわかりやすく説明できるのも、マンガの強みといえるでしょう。

マンガにしかできない表現がある

いかがでしたか?たくさんの情報をまとめて紹介する、ストーリー仕立てで最後まで読ませる、キャラクターでインパクトと好印象を与える、どれもマンガにしかできない表現です。マンガは広告をより身近な存在し、塗装業でもその数々の効果を発揮してくれます。様々なメディアに対応したマンガならではの構成、文章にはない親しみやすさ、今までとはひと味違う広告がここにあります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。