【不動産】マンガ広告の効果的な使い方を解説

日本にマンガが広まって数十年。今やマンガは子供のための娯楽にとどまらず、親しみやすい表現方法としてさまざまなビジネスシーンでも活用されています。それは不動産業界においても同様です。では、マンガ広告をどのように活用すればより業績UPに繋がるのか、今回はその活用例を3つご紹介します。

最も親しみやすい=目に留まりやすい広告

マンガは、難しい内容を説明するときに力を発揮します。たとえば、不動産買取で考えてみましょう。

古い家の売却を考えている夫婦を主人公に、インターネットからの申し込み、査定、売却までの流れを描きながら、そのメリットを解説しいます。不動産会社の広告のネックとして、不動産の売買というのは金額が大きく、複雑な知識が必要で敷居が高そうとお客様に思われている事があります。なので、まず広告にいかに興味を持ってもらえるかというのが重要です。

マンガ広告は、絵とセリフによる表現のとっつきやすさ、また主人公を読者と同じ立場に置く事で感情移入してもらえるという親しみやすさに優れています。これらはお客様のハードルを下げるのに大きな効果があります。特に、不動産業に敷居の高さを感じているお客様に効果的だといえるでしょう。

ストーリーの魅力によって、気づけば商品の虜に

次に、不動産投資におけるマンガの活用法を考えてみましょう。マンション経営について考えている若いターゲットの物語を通じて不動産投資の特徴やメリット・デメリットを詳しく解説することができれば、読みても興味をもって理解してくれます。複雑な物事の解説にもマンガは有効です。文章で長々と書いてしまうと頭に入ってこないような説明でも、マンガ形式にして主人公が話を聞いて回るという形にする事で、読者も話に入り込んで説明を読んでくれるようになります。

また、不動産投資のような複雑でリスクのある商品ではメリット・デメリットを誠実に説明する事も重要ですが、読者によってはデメリットの方を強く感じてしまい購入意欲をそいでしまうかもしれません。しかしマンガ広告では読者は主人公に感情移入して読み進むため、主人公が商品に対して意欲的になる締めくくりにすれば、自然に読者も商品を魅力的に感じてもらえるようになります。

DMにもマンガを活用できます

3つめはFAXダイレクトメールにおけるマンガの活用例です。不動産業者に対する物件買い取りのダイレクトメールの中に、条件やメリットなどを説明するマンガを挟み込んでいます。このような事例においてもマンガを使うメリットがあります。この場合はとにかく「目につく」という事です。

ダイレクトメールというのはそもそもお客様が興味を持って手に取るものではありません。多くの業者から送られてくるものに埋もれてしまいがちで、お客様がきちんと目を通してくれているかも不安が残ります。そうした広告の中にマンガが混じっていれば、目を引くことは間違いありません。広告ではなく、マンガという「手軽に読める読み物」だと思ってもらえれば読んでもらえる率はぐっと上がります。

また、チラシという限られたスペースにアピールしたい情報を詰め込むのにもマンガは有効です。キャラクターが短文の会話のやりとりをするマンガの形式なら、細かい説明でも抵抗なく読んでもらえます。

まとめ

さて、不動産企業におけるマンガ広告の活用方法についてここまでご説明してきましたが、マンガの有効性について、ご理解いただけたでしょうか。マンガのメリットは要約すると「親しみやすさ・読まれやすさ」です。不動産の売買という高額で複雑な取引において、お客様は敷居を高く感じて抵抗を覚えたり、また知識のある人でも慎重になります。そうした方々に対し、マンガ広告の持つとっつきやすさは迷っている最初の一歩を踏み出すための足掛かりとして非常に有効だといえます。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。