チラシデザインのコツとマンガ広告①

読みやすくて効果が出るチラシデザインを作るためには、コツを掴む必要があります。 見やすくすることはとても重要で、基本的なレイアウトの知識を持っておくことも必要不可欠です。 そして色を有効活用することもチラシデザイン作りにおいて不可欠なコツとなるでしょう。

そこで今回は、チラシデザインのコツとマンガ広告について解説します。

奇をてらうことよりも見易さを重視することが大切

どうしても目立たせたい、成果を挙げたいという想いのせいで奇をてらうことばかり考えている人もいますが、そもそも見にくければ成果を挙げにくくなります。 チラシデザイン作りにおいて理解しやすくて読みやすいというのは非常に大切な要素であり、興味を持っていない人に対してもストレートに商品やサービスの魅力を伝えられます。

もし奇をてらう必要があるのであれば、見やすさをクリアした上で実行することが望ましいです。 具体的にどんな情報を消費者側が求めているのかを把握し、そして専門知識がない人でも分かりやすく示すことで見やすくて理解しやすいデザインになります。

文字の大きさやフォント、文字と写真のバランスなどに気を配り、自然なデザインを施しましょう。 それによりチラシデザインのクオリティを高くできますし、例えばマンガ広告を導入すればより興味をひきやすくなり、誰もが見やすくて分かりやすいものになるでしょう。

レイアウトにおいて注意すべき点

消費者が欲しいと思っている情報をただ掲載するだけでは優秀なチラシデザインといえず、成果に結びつきにくくなります。 レイアウトに関する基礎知識を把握して、そのうえで工夫を凝らすようにしましょう。

多種多様な情報をチラシの中にちりばめる場合、読み手はどの情報が重要なのか分かりにくくなります。 しかしそれぞれの内容ごとにまとめて、さらに揃えて掲載することにより非常に親切で見やすいチラシデザインになります。 そして適度に余白などをきちんと取るようにし、メリハリを持たせたデザインにすることも必要です。

またレイアウト次第ではマンガ広告を用いることもおすすめであり、多種ある情報の中の特に重要な部分をマンガに組込めば情報をうまく伝達できるはずです。 マンガ広告は紙媒体のチラシデザインにも欠かせない存在であり、アクセントとして有効活用すべきでしょう。

色のバランスを工夫して最適なチラシデザインにする

何の宣伝をするのかにより、最適な色の設定が異なってきます。 事前にターゲティングを行うことで色のパワーを使った賢い宣伝が可能になり、商品やサービスの内容に応じて明るい色や暗い色などの使い分けをしたいです。

ただあまりにも多くの色を無計画に使うとごちゃごちゃしてしまい逆効果になるため、五色以内に抑えるようにしてください。 うまくカラーバランスを整えられれば重要部分を読み手に知らしめやすくなるだけでなく、購買意欲の向上も可能になります。

おわりに

チラシデザインを施すためには上記のようなコツを知っておくと強みになります。 見やすさの重視やレイアウトの把握、また色が持つ力を有効活用することも不可欠でしょう。 そしてマンガ広告も有効活用すると効果を生むので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。