チラシデザインのコツとマンガ広告⑤

チラシデザインによって成果を生み出すためには、コツを抑える必要があります。 様々な情報を掲載しますが統一感を出すことで伝えたいことをストレートに読み手に伝達できますし、具体的にターゲットが誰なのかを考えることも必要です。 また美しい整ったフォントではなく、あえて手書き風のフォントを使うこともデザインにおいて重要なことです。

そこで今回は、チラシデザインのコツとマンガ広告について解説します。

しっかりと統一感を出すことが大切

チラシデザインにおいて様々な手法が用いられており、あえて雑然的なデザインを施す例も見られます。 しかし統一感がなければ単純に分かりにくいだけのチラシになってしまうため、全体的な統一感を演出することは何よりも重要です。 まとまりを出すからこそ雑然的な手法がより生き生きとし、メリハリの効いたチラシになります。

実は統一感を出すことは簡単なことではなく、不快にならないカラーバランスやフォントバランスなどに気を遣うことが求められます。 少しの工夫で統一感の有無が変わってしまうので、念入りに作り込むことが大切です。

マンガ広告を用いる際にも同様で、全体的にある程度まとまりのあるデザインに仕上げましょう。

ターゲティングに応じたデザインを施そう

オシャレなデザインのチラシを作っても、ターゲットとなる人に興味を持ってもらえなくては意味がありません。 極端な例でいうと、外国人観光客がターゲットにもかかわらず日本語だけのチラシですと読んでもらえませんし、予算の無駄です。 英語表記のチラシをただ作るのではなく、外国人が興味を持ちそうなイラストや写真を使用し、求められる雰囲気に合致したデザインを心がけてください。

具体的に誰に対して何を伝える必要があるのかを考えることが大切で、そのターゲティングこそチラシ制作において重要な意味を持ちます。 ただしターゲットが決まってもそのターゲットとなる人たちに満足してもらえるデザインでなくては意味がありません。

不特定多数に興味を持ってもらいやすいマンガ広告を使えば様々なターゲットに対してより良いアプローチをかけられますし、ストーリー展開によって伝えたい内容を確実に伝達できるでしょう。

チラシデザインの肝は手書き風

以前に比べてインターネットを介した広告宣伝が増えており、紙媒体のチラシも同様にデジタル色が濃厚になりました。 少々悲しい状況ではありますが、逆にアナログ色を手書き風フォントやイラストによって演出すれば温かみのあるチラシが生まれます。

手書き風であれば記憶にも残りやすくなり、作り手が読み手に対して伝えたいことを感情も含めて伝達しやすくなります。 このような手法を採用することで前面に宣伝臭さを出すことなくうまい形でアピールできる点も特徴ですしメリットにもなります。

また手書きのマンガ広告はまさにこれらのメリットを生み出すために必要な存在ですし、読み手に興味を持ってもらうためにも不可欠です。

おわりに

チラシデザインに関するコツは本当にいろいろとありますが、あえて手書き風にすることで親しみやすさや温かみを表現するのは賢い方法です。 その他、統一感の演出やターゲティングの重要性もチラシ制作においては欠かせませんし、マンガ広告を利用することであらゆるメリットを享受できます。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ