展示会用の名刺とマンガ広告

名刺は様々な場所で活躍しますが、展示会においても必要不可欠な存在です。 名刺の交換合戦が繰り広げられるので、交換したものの相手がどのような人だったか覚えていない…という可能性も出てきます。 しかしそれでは意味を成さず、機会損失になるのでインパクトがあり好感を持ってもらえるような名刺を準備しましょう。

展示会用の名刺にもマンガ広告を掲載するのがおすすめで、他とは一線を画した面白さがあり何よりも覚えてもらいやすいというメリットがあります。 そこで今回は、展示会用の名刺とマンガ広告について解説します。

各展示会に合わせた名刺を用意する

展示会にも多くの種類があり、参加する企業の業種も違えばアピールしたい商品やサービスも異なるでしょう。 ですのですべて同じ名刺を使い回していてはせっかくの機会を逃すことになりかねませんし、やはり目立たせるためにも、それぞれの展示会のテーマに合わせた名刺デザインが不可欠です。

一般的には本人の名前や企業名、住所やロゴ、電話番号などが書かれています。 ただこれだけでは何の面白味もありませんしビジネス上優位に立ちにくくなります。

例えば名刺の裏面などに展示会のテーマに合わせたマンガを書いておけば一気に注目度が高まり、覚えてもらいやすくなります。 いかに相手に印象付けられるかがビジネスの世界では重要な意味を持つので、マンガによるアピールは賢い方法です。

マンガのちからで自分自身や会社を覚えてもらいに、さらに商品やサービスの特徴やメリットを知らしめることが大切でしょう。

マンガ広告が商談の後押しをすることも

展示会に参加してもその場で取引が決まることは意外と少なく、興味を持った企業が後日連絡などをし取引が決まることが多いです。 多数の企業が出展しているので一度展示会場を離れると忘れられがちになるものの、マンガが後押しのしてくれる可能性を秘めています。

目立つ名刺にすることで宣伝アピールしやすくなり、他社との差別化を行いやすくなります。 当たり前のように配布する名刺に少しの工夫をするだけで多くの成果が得られるのであれば、やはり展示会用の名刺を作り、そこにマンガ広告も組み込むべきではないでしょうか。

おわりに

いろいろな場所で行われている展示会でも必要になる名刺。 名刺はビジネスにおける基本中の基本のアイテムですが、展示会専用の名刺を作ることで成果を生み出しやすくなります。 マンガ広告により工夫をすることも重要ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。