中途採用パンフレットとマンガ広告

自社の人材を強化しようと思った場合に、新卒採用の他に中途採用にも力を入れなくてはなりません。 すでに素晴らしい実績を他社で挙げている人材を雇い入れることも可能で、やり方次第では会社の行く末をより良くできます。

入社後の具体的な仕事内容や会社内の雰囲気、特徴などをうまく伝えることが大切です。 より分かりやすく作り上げるためにはマンガ広告を用いたパンフレットがおすすめでしょう。 そこで今回は、中途採用パンフレットとマンガ広告について解説します。

転職希望者が想像しやすいように具体的な内容を提示

中途採用の場合は新卒採用とは違いすでに社会人経験がある人材をターゲットにするので、より具体的かつ仕事内容や会社の状況を想像しやすいように提示しなくてはなりません。 転職希望者が将来を思い描きやすいようにキャリアプランを掲載しておけば、興味を抱かせることが可能です。

一般的に先輩社員の声や中途採用という形で入社した社員の声が掲載されますが、短い文章だけでは理解しにくいケースも見られます。 ただマンガ広告を活用すると具体的に仕事風景の描写が可能ですし、キャラクターの表情も描き分けることができるので、機械的な伝達ではなく感情のこもった情報伝達ができるようになるでしょう。 その結果より良い企業に転職をしたいと考える優秀な人たちが興味を持ち、人材確保がしやすくなります。 実際に入社しないと分からない部分もありますが、できるだけ多くの情報を中途採用パンフレットの中で開示するようにしてください。

コンセプトを重視した中途パンフレット

それぞれの業種によって必要とする人材は大きく異なるので、あらかじめパンフレット作りの際には中途採用者が就くであろう仕事にマッチしたコンセプトを込めましょう。 それによって思い違いが発生する可能性を低くできるだけでなく、会社のブランド性や魅力を高められます。

コンセプトを重視することで転職希望者に強いイメージの残すことができ、結果として優秀で自社が求める人材イメージに合った人たちが応募してくれるようになります。

また事細かな採用条件を掲載し、そのうえでどれだけ企業側が新たな人材を必要としているのかをアピールすることも大切です。 これにより会社側の真剣度が伝わり、安心して応募ができる環境が整います。

ただし中途採用パンフレットは世の中に溢れていて、同業他社も同時に中途採用者を募集していることが一般的です。 その中で優位に立つためには、マンガ広告を利用することも大切ではないでしょうか。 マンガ広告は多少の遊び心を感じられるのでキャップを与え、さらに分かりやすく魅力を伝えてくれます。

おわりに

中途採用パンフレットには具体的な情報を掲載し、さらに仕事内容にマッチしたコンセプトを込めたデザインが必須です。 そして会社側の真剣度をパンフレットの中で伝えることも大切で、その手段としてマンガ広告が活躍します。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。