入社案内パンフレットとマンガ広告

一般的に入社案内パンフレットは新卒者向け、転職者向けには中途採用パンフレットが活用されます。 新卒者というのは企業の宝といっても過言ではありませんし、優秀でやる気溢れる人材がたくさん存在しています。

しかし自社に応募してもらうためには様々な工夫が必要で、その際に活用するもののひとつに入社案内パンフレットがあります。 会社の仕組みや社会人ということに対してまだよく理解できない学生でも分かりやすく理解できるような構成やデザインをし、目立たせることも大切です。

そこで今回は、入社案内パンフレットとマンガ広告について解説します。

とにかく注目してもらわなくてはならない

就職活動中の学生は専用サイトに登録したり合同説明会に参加するなど、ありとあらゆる方法で多くと企業の情報を収集しています。 ですので一般的な方法だけでは学生に注目してもらうことは難しく、どうしても資本力や知名度に勝る同業他社に優秀な人材を取られてしまいます。 それを防ぐためには魅力的だと感じさせることが重要ですし、その他にも何かしらの方法でイメージに残さなくてはなりません。

マンガ広告はまだまだ入社案内パンフレットに使われることは少ないのですが、だからこそ大きなチャンスが眠っています。 堅苦しくて面倒な就職活動の中にマンガ広告というオアシスを設ければ、話題になるだけでなく会社自体に興味を抱いてもらえます。 より大きなインパクトを与えるためには学生というターゲットが魅力的だと感じるマンガを作り上げる必要があるでしょう。

多くの学生が心配している会社内の雰囲気や仕事の内容などを理解しやすい形でマンガ化すれば、思っている以上のメリットを得られます。

同業他社とは違った一面を演出することも重要

入社案内パンフレットはほぼすべての企業が製作し、就職活動中の学生に配布しています。 会社概要や業務内容、施設や福利厚生についてなどが記載されていますが、それだけでは同業他社と同じような内容になってしまい埋もれてしまいます。 差別化を図るためにもマンガ広告は優位性を誇っています。

就職活動というと学生が頑張り会社側が受け身になるというイメージもありますが、それでは優秀な人材の獲得は難しいです。 会社側が入社案内パンフレットなどを工夫して入社することによるメリットや会社の特徴をうまく伝えることもとても大切です。

おわりに

入社案内パンフレットとマンガ広告は実は相性がよく、有効活用できれば会社のイメージ向上だけでなく、応募者の増加にもつながります。 同業他社に差をつけるためにも他とは違った面白さの演出し、独自の視点でデザインや構成を行いましょう。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。