会社案内パンフレットとマンガ広告

会社案内パンフレットは概要や沿革、事業内容、挨拶、取り扱い商品やサービスの詳細が記されています。 自社の詳細を知らない人に対して会社のトータル的な説明をする際に効力を発揮し、会社全体の名刺代わりです。

新規取引の際や展示会参加の際などに利用することも多く、担当者がすべて把握していなくても会社案内パンフレットがより良い作り方をされていれば会社の特徴やメリットをきちんと伝えられます。 近頃はこの案内パンフレットにマンガ広告を記載する例も増えてきていて、面白い要素が増しています。 そこで今回は、会社案内パンフレットとマンガ広告について解説します。

会社案内パンフレットで独自の強みを伝える

大抵の場合、自社の事業内容や取り扱い商品、サービスは他社とかぶっており、何かしらの方法で強みを発揮しなくてはなりません。 アピールポイントをしっかりと押さえて会社案内パンフレットに盛り込むことができれば、これを読んだ人に対して的確に伝えられ、読み手が理解しやすくなります。 具体的な写真や図表などを加えておくことでより掲載内容に真実味を持たすことができるでしょう。

どこの会社も基本的には独自の強みを有していますか、それをうまくアピールできているケースばかりではありません。 ただマンガ広告は理解しやすいようなキャラクター設定ができ、さらに理想的なストーリーを用いることができるので独自の強みのアピールが容易です。 結果的にパンフレットに求められる役割をきちんと果たすことができます。

会社案内パンフレットのデザインも重要な要素

なにを掲載するかというのはとても大切ですが、パンフレット全体のデザインもかなり重要です。 業種にもよりますが、デザイン力が優れていると会社自体の評価が高まりやすくなり、パンフレットのクオリティも高く見られがちです。

パンフレットデザインは掲載内容に加え、配置場所、カラーバランス、文字のフォントなど様々な要素によって成り立っています。 人間はデザインの優れたパンフレットとそうではないパンフレットがある場合、書かれている内容に問わずデザイン力に優れたものの方に興味を持ちやすい傾向にあります。 ですから会社案内パンフレットもデザイン重視で作成すべきではないでしょうか。

そのうえマンガ広告はデザインにおいてアクセント的な存在となります。 デザイン的なクオリティの高さの演出だけでなく、インパクトを与えて精読率を高める効果もマンガ広告にはあります。

おわりに

会社案内パンフレットはいろいろな情報が掲載され、そのうえで独自の強みをきちんと伝えなくてはなりません。 そのためにはデザインにしっかりとこだわりクオリティの高い作品を作ることが重要で、さらにマンガ広告の利用もおすすめです。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。