WEBサイトのヘッダーデザインとマンガ広告

WEBサイトの中で最も見られる場所がヘッダー部分ですが、この部分の印象が薄いと読み進めてもらいにくくなります。 それほどヘッダーデザインは重要な部分であり、ターゲットユーザーに興味をもってもらうための工夫を行っています。

コンテンツ内容に応じたデザインを施し、さらに良い意味で目立たさなくてはいけません。 そのためにはマンガ広告をヘッダーデザイン部分に導入するのも良い方法でしょう。 そこで今回は、WEBサイトのヘッダーデザインとマンガ広告について解説します

WEBサイトのヘッダー次第で滞在時間が変わる

もちろんWEBサイトの主役は文章をはじめとしたコンテンツなのですが、パソコンの場合もスマートフォンの場合もサイトを開くと基本的にはヘッダー部分しか見えません。 ですのでヘッダーの作り込み具合によって滞在時間が変化し、もしデザイン的に魅力を感じなければコンテンツ自体が優れていたとしても読み進めてもらえず戻るボタンを押されます。 それを防ぐためにも第一印象良くすることが必須であり、オシャレ且つコンテンツの内容をしっかりと反映させたヘッダー部分を採用すべきです。

しかし単純にお洒落さだけを取り入れてしまうと何を言いたいのかわからなくなります。 具体的にWEBサイトの特徴をユーザーに伝えるためには、見える部分(ヘッダー)にマンガ広告を導入すべきでしょう。 マンガ広告は誰もが気軽にみることができ、文章ばかりのコンテンツとは違い注視してしまうものです。

WEBページの滞在時間やファンの数を増やすためにも、ヘッダー部分にマンガ広告を掲載することはとても重要なことだと思います。

サイトによって望まれるヘッダーデザインが異なる

WEBサイトといってもそれぞれの業種によって想定されるターゲットが違ってきます。 そこを理解しておかないと自信満々に作ったヘッダーデザインが不評に終わることもあります。

できればユーザーが欲している情報や興味を持つ内容をヘッダー部分のデザインに盛り込むことが大切でしょう。 しかしネット慣れしている近頃のユーザーは多少の工夫では見向きもしてくれないため、マンガ広告のようにネットユーザーにとって少し意外な戦略も不可欠でしょう。 望まれている内容をマンガに組み込んで、それはファーストビュー部分に設置できれば理想的なヘッダー部分のデザインになります。

おわりに

WEBサイトの顔のような存在でもあるヘッダー部分には、コンテンツの内容を端的に表す情報を掲載すべきです。 特にマンガ広告を使ったデザインにすれば大きな反響が得られ、滞在時間のアップやファン数の増加にもつながります。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。

株式会社ファインズ