名刺デザインのコツとマンガ広告

名刺はビジネスマンにとっての必需品となっていて、近頃はそのデザイン性にもこだわられています。 ただ単にオシャレを競っているのではなく、ビジネスでより役立てるために高いデザイン力が求められています。

そういった名刺作りのコツには様々あり、中でも今後活用したいのがマンガ広告を利用した方法です。 そこで今回は、名刺デザインのコツとマンガ広告について解説します。

目立たせて覚えてもらうことが重要

名刺交換はビジネスマンにとっての日常的な行事のため、中長期的に相手に覚えてもらうためには工夫が必要です。 そのために名刺デザインにこだわり、他人とは違う部分を作り出すことも必要不可欠でしょう。 とにかく目立てば印象に残りますし、相手に思えてもらえばその分ビジネスチャンスは広がる傾向にあります。

目立たせるためには色合いに気を付けたり文字のフォントを工夫する、さらに文字サイズや配置バランスに気を付けるといった手段があります。 また最近では紙以外の材質を用いたり、凹凸をつけることも珍しくありません。 ただこういった手段はすでに一般化しつつあるためそれ程の目新しさは感じないので、マンガ広告を使って他人との違いを演出すべきでしょう。 結果的に目立たせるだけでなく、マンガに自社のサービスや商品情報を織り込めば、宣伝アピールにも繋がります。

複数の名刺を用意する

名刺を渡す機会は本当に様々あり、既存の取引先に渡すこともあれば、新規取引先や展示会で出会った企業の担当者に渡すこともあります。 その他にも一般消費者や就職説明会のような場所で使用することも多いため、ケースバイケースで使い分けができるように複数の名刺を用意すべきです。 マンガ広告を使ったデザインであればそれぞれのシチュエーションに応じたキャラクターやストーリーを描くことができるため、簡単に魅力溢れるデザインの名刺が作れます。

複数種類の名刺を用意するというのも大切なコツですが、あまり実践されていません。 もちろんマンガ広告を使用するといった部分以外にも、フォントの工夫や色の工夫なども名刺デザインにおけるコツになります。

印象を与えることができ、なおかつ好感を持ってもらえるような名刺もデザイン次第では可能です。

おわりに

名刺デザインに関するコツは、覚えてもらいやすくするということです。 他のビジネスマンがあまり行っていないマンガ広告の導入といった手段は有効であり、名刺を渡す相手によって使い分けられるように複数のマンガを描いた名刺を作っておきたいです。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。