チラシのオススメサイズとマンガ広告

紙媒体のチラシを制作する際に気になるのがサイズの問題です。 A3サイズからB8サイズなど様々なサイズがありますが、それぞれ特徴があるため、掲載内容や配布方法によってサイズを選び分けしなくてはなりません。

チラシのオススメサイズの検討に加えてマンガ広告の使用により効果的なチラシができ上がります。 そこで今回は、チラシのオススメサイズとマンガ広告について解説します。

チラシのサイズについて

一般的に用いられることが多いチラシのサイズはA4やB4が代表的です。 A4はチラシに限らず紙による印刷物の定番的なサイズであり、B4は新聞の折り込みチラシによく使われています。

バッグや紙を収納するケースの中にはA4サイズを想定して作られているものも多いのでチラシが邪魔になりにくいという利点があります。 サイズも小さ過ぎることがないので必要最低限の情報をしっかり掲載でき、裏面も活用すればマンガ広告をはじめとした有用なコンテンツを掲載可能です。

B4サイズはA4に比べて多少大きいので掲載できる情報量も増加し、また新聞の折り込みチラシによく使われるサイズのため、多くの人にとって馴染み深い大きさです。

他にもより大きなA3、B3や店頭において持ち帰ってもらいやすいA5、B6サイズも人気があるチラシのサイズになります。

広告の方法や掲載する内容によって理想的なサイズが異なり、集客のためにも有効なマンガ広告を利用する場合は大きめサイズ、そして小さめサイズの場合は裏面を活用することもおすすめです。

用途を考えてサイズを選択する

紙によるチラシがWEB上の広告以上に存在感を放つケースもまだまだ多く、ポスティングや新聞の折り込みチラシ、その他にも街で見かけるチラシも多数あります。 小さなものから大きなものまで様々あるわけですが、宣伝用途を考えて、さらにチラシを受け取る人のことを考えた上でサイズを選択すべきです。

例えばそれほど掲載情報量が多くない場合は手頃なサイズで十分ですし、逆に多い場合はサイズが大きい方が理想です。 街で配布する際などはサイズの大きさがネックになるケースもあるので、少し小さめにして表面だけでなく裏面にもプリントをすると情報の掲載量は維持できますからマンガ広告も掲載できます。

人気があるサイズはA4やB4ですが、シチュエーションに合わせたサイズ選択が、チラシを受け取ってもらい、尚且つ読んでもらうためには最も重要な部分です。

おわりに

チラシのサイズによりお客さんの反応が大きく異なることも多いです。 気軽に受け取って読めるサイズが望ましく、また伝達したい情報をしっかり掲載できるかどうかも重要なポイントになります。 マンガ広告を利用する際には小さすぎるサイズだと掲載しづらいため、その点も考慮してください。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。