DM集客術とマンガ広告

昔ながらの宣伝戦略ですがDMは集客面で大きな役割を担っています。 新規の顧客開拓のためや既存の顧客に対するアプローチのためにも利用することができ、WEBとは違いアナログですがたくさんの人たちにアピールできます。

DM集客術の方法は本当にいろいろとあり、宣伝チラシ自体の工夫の他にも、開封率を高めるための工夫も凝らす必要があります。 だからこそこだわれば成果が出やすいのですが、マンガ広告もDM戦略により良い効果をもたらすでしょう。 そこで今回は、DM集客術とマンガ広告について解説します。

DMで集客するために

DMは今も貴重な集客手段のひとつで、ポストの中にたくさんのDMが入っているはずです。 以前のものとは違い成果を出すためにデザインや封筒にこだわられている様子が見受けられます。

まず集客するためには開封率を高めなくてはなりませんが、一般的にDMは望まれない郵便物のため捨てられる可能性もあります。 それを防ぐためには封筒自体に工夫を凝らして「中を見てみよう」と思わせるような工夫が必要になります。

例えばお得だと感じるメッセージを記入してみたり、クイズを書いて答えは中を見ないと分からないようなシステムにするといった方法もあります。 またとにかく目立たせるために色や文字の大きさを活かしたDMを作り、開封率を高めることも可能です。

開封率が上がれば集客への第一歩が成功という訳ですが、まだまだ封入されているチラシに興味を持ってもらうまでは油断はなりません。

中に封入されているチラシに特別感を持たせるためにプレゼント企画を催したり、アピールしたい商品やサービスを通常とは違いマンガ広告を活用して紹介する方法もおすすめです。 それほど興味を持っていなくてもマンガであれば一通り目を通してみようと考えるものですし、ストーリーを読み進めると企業が伝えたいこと一通り伝えることが可能でしょう。 こういった集客に関する工夫をすることによって徐々に成果が高まっていきます。

ターゲティングや効率の良さにも注意

不特定多数に郵送することの多いDMですが、ある程度エリアを絞った方がコストパフォーマンスが上がりやすくなります。 実店舗がなくネットアクセスにより販売するお店であれば特にエリアを絞る必要はありませんが、そうでない場合は予算を抑えるためにもターゲティングによるエリアの絞り込みは必須です。

またある程度ターゲティング戦略によってそれぞれの人たちの属性を知ることができるため、例えば「一人暮らし」「家族世帯」といった条件で郵送してみるのもアリでしょう。 ターゲティング戦略によりコストパフォーマンスを高め、さらにDMの発送代行業者を使えばより負担なく効果的に宣伝活動ができます。

他にも上記のようにマンガ広告は紙媒体におけるDMでも活躍してくれるため、集客術のひとつとして有効活用したいです。

おわりに

DM集客術を一通り実践することで、コストを抑えながらも高い宣伝効果を得られます。 封筒にデザイン的な工夫を凝らし、また封入されているチラシの内容にも注意を払って、マンガ広告を利用するというのも賢いやり方です。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。