DMの開封率を上げる3つのコツとマンガ広告

DMによる広告宣伝は珍しくないのですが、普通に送っているだけでは開封率が低いままで成果が出にくいです。 それでは広告の意味がないので、開封率を高めるためのコツを3つ紹介します。

マンガ広告を利用するなど様々な工夫をすることでDM効果を最大限高めたいです。 そこで今回は、DMの開封率を上げる3つのコツとマンガ広告について解説します。

ありきたりなものはダメ!目を引く工夫をする

他のDMと同じような見た目では封筒を開けられることなく捨てられてしまうので、流れ作業的な印象を排除しましょう。 まずは宛名を手書きで書くというのが重要ですが、量が多くて難しい場合には手書き風のフォントを使ってみましょう。 それによって開封率を上げることができ、やみくもな宣伝要素を排除しやすくなります。

手書き風であれば自分のために用意して送ってくれたのかと錯覚させることができるので、開封率を高められるだけでなく親近感や信頼度も向上します。 機械的なものに頼るだけではなく、アナログ的な強みを活かすこともコツのひとつです。

独自性のある強みを作る

読んでもらって購入や申し込みに結びつけるためには、他のDMにはない独自性を打ち出さなくてはなりません。 相手が喜ぶプレゼントを用意したり、クーポンなどをDMに特典として付けることも賢い方法でしょう。

ただし相手が喜ぶプレゼントなどを知るためには闇雲にDMを送るだけではなく、事細かな下調べをした上で送る人によって内容を変えることも大切です。 多少面倒ではありますが大きな反響を得られやすくなり、その特典について封筒に記しておけば開封率もかなり高まるでしょう。 人間はプレゼントやお得なクーポンなどに非常に弱く、特に自分が必要としている内容のものであれば食い付きやすい特性を持っています。

マンガも有効活用する

マンガ広告はパンフレットやWEB媒体で見かけることが徐々に増えてきているツールですが、DMに興味を持たせて開封率を高めるためにも有効です。 例えば封筒にマンガの冒頭部分を描き、続きは封筒の中のチラシを見てくださいといった表記をしておけば、開封率のアップにも繋がってきます。

ただ単に開封率が高まるだけではなくて、マンガによってスムーズにアピールしたい商材の理解が進む点も魅力でしょう。 マンガは日本人にとって宝のような文化であり、小さい頃から誰もが読み慣れているはずです。 それをDMの開封率を高めるために使うというのも重要度の高いコツになるでしょう。

おわりに

DMの開封率を上げることができれば、自然と商材の売り上げにも繋がってきます。 読まれることなく捨てられてしまうDMを少しでも減らすためには上記のような3つのコツを特に重視し、DM制作することが望ましいです。 マンガを用いることは今や珍しい事ではなくなったため、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。