開封率をUPさせるDMコピーとマンガ広告

DMの開封率UPのために各社が様々な形で努力や工夫をしています。 ただなかなか成果に繋がるものではありませんが、コピーを見直し、さらにマンガ広告を併用することでこれまで以上の効果が出るのではないでしょうか。

そこで今回は、開封率をUPさせるDMコピーとマンガ広告について解説します。

開封率UPのためにはコピーのクオリティが大切

ポストに入っているDMの封筒を見た多くの人は開封することなくごみ箱に直行させてしまいます。 それではDMを発送している意味がありません。 しかしDMはやり方次第では非常に効果的でコストパフォーマンスが優れた宣伝手法だといわれていますが、成果を高めるためにはコピーの重要度に気づく必要があります。

受け取る側に刺さるコピーが封筒に書かれていると、読んでみようかなという気持ちになります。 ですがコピーに魅力がないと何の躊躇もなく捨ててしまいます。

例えばコピーには受け取った側がイメージしやすいように具体的な事例や数字を入れると信憑性が増し効果的です。 これはDMだけでなくWEBにおいても同様ですが、特にコピーには数字を含めると良いと言われています。

「開封して確認しなければ!」と思わせることができれば勝ちですから、興味をそそるコピーを用いましょう。

知りたい気持ちを生み出すコピーで開封率UP

例えば、「DMを受け取った方だけ特別サービス」などと封筒に記されていれば自然と開封率は上がるものです。 いかにして相手の心をくすぐるコピーを作れるかが問題ですが、特別・サービスなどといった言葉には多くの人が弱いものです。

そして封筒部分に受け取った人がとても気になるような文言を記し、「詳細や答えは封筒の中のチラシをご覧ください」といったふうに誘導することも大切です。 誘惑しつつ適切な形で誘導も行い、場合によっては不安を煽ってそれを解決する手段が封筒の中のチラシにあるといった形でアプローチすることもできます。

受け取り側の知りたいと思っている気持ちをうまく生み出すためのコピーが作れれば、開封率も格段に向上するでしょう。 そしてマンガを封筒と中のチラシに描くことで、従来とは違ったDM内容になるので受け取り側は新鮮な気持ちになれます。 マンガ広告はDMの封筒を開けるためのきっかけ作りにも使用できます。

おわりに

DMの開封率をUPさせるためにはコピーのクオリティを高め、ターゲットに応じたコピー内容を用いましょう。 開封したくなるようなコピーを使いつつ、マンガ広告によって目新しさや面白さをプラスできればより開封率が上がります。 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。