こんなときはマンガ広告!種別の効果とポイント①パンフレット

ビジネス活用

マンガ広告はいろいろなシチュエーションで使うことができ、それぞれのケースで活躍します。 基本的にはアピールしたい商材の種別にかかわることもなく、大きな効果が得られるでしょう。

パンフレットにマンガを掲載することにより要点を押さえたアピールができます。 そこで今回は、マンガ広告とパンフレットについて解説します。

パンフレットにマンガ広告を掲載することによるメリット

パンフレットという紙媒体の種別は今でもいたるところで見かけることが多く、またそれ以外にも紙媒体ではないWEBパンフレットも存在しています。 商品の詳細を説明するためのものや会社情報を案内するものなど多く見ることができますが、4コママンガをはじめ長編マンガなど、その内容に応じた形でマンガ化することが可能です。

パンフレットを作るということは何か重要な部分を読み手に対して伝えたいという思いがあるはずです。 それを的確に伝えることは非常に難しいと言われていますが、マンガであれば一度読み始めると基本的には最後まで読んでもらえます。 それに対して活字の場合はパンフレットの読み手が途中で読むのをやめてしまうことも多く、伝達したい重要ポイントを理解してもらえません。

活字だけで説明すると感情がこもっていない冷たい文章に感じてしまうことも多いのですが、マンガにターゲットに類似したキャラクターを登場させることによって、読み手が登場キャラクターになりきって読み進めることができます。
パンフレットに求められている事柄を多く実現できるのがマンガ広告のメリットです。

マンガを用いたパンフレットの効果とポイント

マンガ広告が掲載されているパンフレットは上記のように要点を押さえた内容を分かりやすく説明できる効果があります。 その他にも数あるパンフレットの中から選んでもらいやすい特徴があり、マンガがきっかけとなり全ページ読んでもらえる可能性も高まります。
結果として商品やサービスの宣伝効果が高まり、それ以外の用途でパンフレットを活用している場合にも同様の効果が期待できるでしょう。

意識したいポイントとしては、マンガが掲載されているということを表紙などに記しておいたり、はじめの数コマを表紙に描いておくことも大切でしょう。
またそのパンフレットを読むであろう層に好まれるようなタッチやキャラクターの雰囲気を理解してマンガを作成しましょう。

おわりに

マンガ広告は多くの場で利用されていますが、紙媒体によるパンフレットやWEBパンフレットにおいても高い効果を発揮します。 パンフレットを作る際に掲げる目的を達成するためには、要点を押さえた理解しやすいマンガが不可欠でしょう。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。