こんなときはマンガ広告!種別の効果とポイント⑨企画書

新たなプロジェクトを考案する際やイベントを開催する際などに作る企画書は、文字ばかりで面白くありません。 真面目な書類なのである意味当たり前ですが、企画書にマンガを活用してみるのも面白いでしょう。

これまでの方式では表現できなかった事柄についてもマンガであればうまく表現できる可能性もあります。 そこで今回は、企画書とマンガ広告について解説します。

マンガ広告を企画書に活用することで得られるメリット

多種多様な企画を考え、それを実践するために企画書を作るケースがたくさんあります。 企画の善し悪しを判断するための書類でもあるので堅苦しい存在ですが、企画を練り上げた人たちがそれ以外の人たちに向けて理解しやすく魅力を伝えなくてはなりません。 時には専門的な用語が出てくることもありますし、文字だけで表現できるものではありません。 そんな時に活用したいのがマンガであり、企画書の中で理解しにくい部分や具体的な流れを記す必要性がある部分などをマンガ化することが大切です。 それによって従来の企画書以上に誰もが判断しやすくなり、企画の考案者が考えている内容すべての人に伝えられます。

通りにくいような企画内容であってもマンガを用いてうまくアプローチできれば覆せる可能性も高まります。 実際に最近では企画書の中にもマンガが見られるようになってきていますし、特に海外ではポピュラーになりつつあります。

企画書にマンガを使うときの注意ポイント

そもそも企画書というのは重要度が高く、なおかつビジネス色が非常に強いものです。 場合によってはマンガ広告の掲載が望ましくないこともあるので注意してください。 ただしそうでない場合は豊かな表現力の実現により、目に見えやすい形で企画内容を説明できるので、優れた企画書になるでしょう。

状況にもよりますがあまりポップすぎないマンガを用いることが大切であり、要点を押さえたストーリーを作りあげましょう。

おわりに

マンガ広告はビジネスの世界においても有効活用されていますが、広告宣伝の他にも企画書にも活用できます。 従来の企画書は内容が分かりにくかったり堅苦しいものも多かったわけですが、マンガ広告を利用することによりそれらを変化させられます。 結果として企画書の精査が行いやすくなりますし、該当企画の成否が分かりやすくなるでしょう。 想像以上の効果を秘めているので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。