人材企業での漫画広告の3つの成功事例&メリット

近年、企業紹介やサービスを紹介するために、従来の文章やイラストではなく、マンガを用いて紹介することが増えています。

進研ゼミが用いているマンガ広告は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
このようにマンガは集客目的や採用、ビジネスシーンなどあらゆる場面で活用されるようになりました。

もちろん、人材企業においても用いられています。
しかしながら、実際にどのように活用できるのかをイメージできる人は多くありません。
そこで今回は、マンガを人材企業に導入している事例を3つご紹介します。

採用にぴったり!会社の魅力を「深く」理解してもらえます

出典:http://manganokyujin.jp/job/detail/id/103

こちらのマンガは、総合人材サービス株式会社ラブキャリアが発行しています。
主人公が感じていた「現場の声が届いていない」という現場の不満を元に、クライアントと従業員ともに満足できるような会社を目指して「ラブキャリア」を設立した話がマンガ形式で紹介されています。

自分にあう企業を探しているユーザーにとって、会社の概要や理念は大切ですよね。
しかし、ほとんどのユーザーが膨大な量の企業を確認しているので、文章だけの紹介になると印象に残らないこともよくあります。

そこで、会社紹介にあたって私達の生活に身近なマンガを用いることで、「読んでみようかな」と思ってもらえるので、会社のことを知ってもらうきっかけにもなります。

また、マンガを用いることによって、入社後のギャップを感じなくなり離職率を下げることに繋がります。
文章での紹介では従業員の経験や感情に着目することはありませんが、マンガを用いることで言葉では語れない体験や思いを表現することが出来ます。

このようにマンガは、ストーリーに焦点を当てて会社のことをより深く知ってもらうきっかけとなりえるのですね。

スマホの普及により、マンガ動画も手軽に始められる時代に!

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000026970.html

こちらは、グローバル人材紹介会社ロバート・ウォルターズが提供しているマンガ動画です。
外資企業へ転職しようと考える主人公が、コンサルタントのアドバイスを受けながら、転職を成功させるまでの流れをマンガ形式で紹介しています。

まず、面接の事前準備で蓄えておくべき企業知識や、スーツの着こなし方やマナーなどが紹介されます。
その中でのポイントについても主人公目線で考えるので共感できる点はあると思います。

続いて、経歴など定番の質問にどう答えるべきかについて紹介し、答えるときの重要な考え方や、外資企業と日本企業での面接の違いを主人公が話している様子をもとに、説明されます。
最後に、企業の関心が伝わる逆質問の仕方などを主人公が実践している様子が紹介される内容となっています。

マンガ動画のメリットは、ユーザーが容易に見られることにあります。
現在はスマートフォンの普及によってどこでも、動画を利用できるようになっているため、動画を見る機会が増えています。
また眺めるだけで内容が頭に入ってくるので、ユーザーの方の手を煩わせることがありません。

誰のためのコンテンツか一目瞭然!だから、訴求力が違います

出典:https://doda.jp/guide/comic/success01/01.html

転職活動中の主人公が居酒屋で愚痴っているところに、DODAを使って転職に成功した先輩が登場するところからマンガがスタートします。
他の転職サービスとDODAとの違いや転職活動の流れも紹介しています。

このように、マンガを用いることで、ターゲットに効果的に訴えることが出来ます。
ターゲットの多くが抱えているものと同じ悩みをマンガの登場人物が悩み、それをストーリ形式で解決することによって、ターゲットがサービスを利用したときのイメージが明確に伝わります。

また、ターゲットがすばやく理解するサポートツールにもなります。
キャラクターの表情やセリフ、感情表現やストーリなどの理解度を深める要因がマンガにはたくさんあるため、文章で読む時以上に短い時間でハッキリと内容が理解できるようになります。

更に、競合他社との差別化にも繋がります。
マンガは身近なものですが、企業の紹介にはマンガ形式のものはほとんど用いられていませんよね。
マンガを用いることで、ターゲットの注意をひくことに繋がります。

人材企業にマンガの導入事例は増えています!

今回は、3つの人材会社がマンガによってサービスや理念を紹介している事例をご紹介しました。

文章とマンガ形式で紹介している場合では、マンガの方が興味を引くだけでなく内容の理解も助けてくれます。
マンガは、文章では伝えることの出来ない感情の変化など共感できるポイントが増えるので、興味を持ちやすくユーザーにとっても都合の良い広告方法となっています。
特に、ユーザーの人が抱えている不安や不満を解消するような内容であれば、より共感性が高まるため、競合他社との違いを理解してもらえることにも繋がります。

このようにマンガを用いることでユーザーの人は手に取りやすくなるだけでなく、メリットを深く知ってもらうことに繋がります。
マンガ広告は、これからますます広告業界の注目を集めることでしょう。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。