パッケージ広告とマンガ広告②

パッケージ広告に注目して新たな商品づくりを行うことは珍しくありません。 商品自体の品質を後押しする形で広告が大きな役割を果たしてくれます。 ターゲットありきでパッケージのデザインを作ることもありますし、シリーズ化することが前提の商品の場合は、将来的なことも考慮してデザインされるでしょう。

パッケージデザインが果たす役割が大きくなっており、マンガ広告が用いられるケースも増えてきています。 そこで今回は、パッケージ広告デザインとマンガ広告について解説します。

商品開発の際にパッケージ広告についても考える

一般的な流れとして、商品開発を行い、ある程度進行してから広告について考え始めるということが多いでしょう。 しかし、以前に比べパッケージの重要度が高まっているので、商品開発と並行する形でパッケージデザインの検討をすることが望ましいです。

実際に、パッケージデザインにこだわって販売した商品と、そうでない商品を比較するとお客さんの注目度合いが異なることも多く、圧倒的な売り上げの差が出ています。 想定している以上にパッケージは商品選択におけるポイントとなっています。

ターゲットが誰なのか、どういったシチュエーションで使用されるのかなど考慮してターゲティングを行い、パッケージの理想的なデザインを導き出しましょう。
マンガ広告をここに掲載するという方法も意外とおすすめで、目立ちやすく認知されやすくなります。

商品のシリーズ化する際のパッケージ戦略

いずれの場合も商品を売り出す際には、パッケージの善し悪しが売れ行きを左右します。 中にはシリーズかな、とされているものや確定しているものもありますが、その際には継続的に消費者に愛してもらうための工夫も必要不可欠でしょう。 消費者の間に根づかせるためには商品に関するブランディングが必要になるため、パッケージ広告を使ってブランド化していきたいところです。

シリーズの途中でパッケージのデザインが大きく変更されていくのはできるだけ避けるべきであり、同じようなデザインを続けてこそブランディング化が可能になります。 消費者は商品をパッケージデザインで判断することがあるので、特にシリーズ化する際には混同させないためにもデザインに気を付けてください。

例えば商品ならではのキャラクターを登場させたマンガを導入できれば覚えてもらいやすく、パッケージ広告として使い続けることができるでしょう。

おわりに

パッケージ広告の力を活用してヒット商品を作るためには、商品開発の段階ですでにパッケージデザインを考慮する必要があります。 ターゲットを想定してそれに合わせたデザインを施し、またシリーズ化する際にはブランディング化しやすいデザインが望ましいでしょう。

マンガ広告はパッケージにも有効利用できるので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。