パッケージデザインのコツとマンガ広告①

商品の見た目を良くするためにも欠かせないパッケージデザインは、いろいろなコツやルールに基づいて作られています。 消費者が興味を持ちやすいような内容を意識し、商品のクオリティを高めるための努力がなされています。

商品内容に合わせたデザインが大切なことはいうまでもありませんが、マンガ広告の掲載も効果的です。 そこで今回は、パッケージデザインとマンガ広告について解説します。

パッケージデザインにおいて注意すべきポイント

まず商品内容を明確に表現していることが第一条件となります。 単純におしゃれだけではどんな商品なのか消費者にしてもらうことができませんし、不誠実な態度が伝わってしまいます。

どのような目的で活用できるものなのか、またメーカーやブランドがどこなのかも表示しておきましょう。 買い物の際に消費者が何気なく商品を見たときに一見するだけで商品情報を把握できるようにしておきたいです。

上記と重複しますが、誠実さをデザインの中にも取り入れましょう。 売るために実際の商品以上に嘘により良く表現するケースも見られますが、一時的に売り上げは向上しても長い目で見ると売り上げが下がってしまい、会社自体の信頼低下にも繋がります。 商品のありのままの姿をパッケージで見せることができれば、結果としてそれが強みになります。

またデザイン性に優れていることも大切なポイントです。 しかし必ずしも派手だったり目立つものが良いわけではなく、ターゲット層が好むであろうデザインを目指しましょう。

独自性を持たせインパクトも意識する

様々な量販店に商品が陳列された際に、まず購入してもらうためには存在に気づいてもらわなくてはなりません。 そのためには独自性を持たせたパッケージを用意し、インパクトを意識することが重要です。
ここで間違ってはいけないのが、単にインパクトを重視すればいいのではなく、商品の特性なターゲットに応じた形でインパクトを演出する必要があるということです。

また独自性があると他の商品と差別化しやすくなり、シリーズ商品が誕生した際などにはよりその認知度がプラス効果を生みます。

インパクトを作るためには様々な工夫が必要となるわけですが、マンガ広告を用いると、より効果的に消費者に対してアピールができます。 マンガ広告は陳列されている類似商品のパッケージとは一線を画す存在となるので、大きな役割を果たしてくれるでしょう。

おわりに

パッケージデザインにこだわって商品の売り上げに貢献するためには、誠実さの演出や内容の正しい伝達、またマンガ広告などを駆使した独自性の演出やインパクトの構築が不可欠です。 マンガ広告をパッケージに導入しているところがまだ少ないからこそ、チャンスがあります。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。