カラーイメージとマンガ広告

私達が日常的に目にするものや広告には、様々な色が使用されています。 モノクロではなくてカラフルな色だからこそ目立たせることが可能ですし、それぞれの商品やサービスに最も合った形で魅力を表現できるでしょう。

カラーイメージを考える場合、色の特徴を知らなくてはなりません。
色は主に暖色と寒色に大きく分けられており、マンガを作る際にもこれらのカラーバランスには最大限注意を払う必要があります。
そこで今回は、カラーイメージとマンガ広告について解説します。

色が与える影響について

あらゆるところで見かけることができる色ですが、それぞれの色によって特色が大きく異なります。 カラーイメージに合わせたモノづくりをすれば必然的に効果は高まりますし、逆に暖色を使用すべきところで寒色を使用してしまえば逆効果になりかねません。

オシャレに関する影響のみならず、色は人間の感情にも大きな影響を与えることがわかっています。

暖色は楽しい気分にさせてくれて、やる気を出すなどのより良い効果があるでしょう。
それに対して寒色は、気分を落ち着ける効果や冷静さを感じさせる効果などがあります。

派手でインパクトを与えたい場合には暖色を、安全性の表現や落ち着いた雰囲気を演出する際には寒色が望ましいでしょう。

カラーイメージの問題はマンガ広告にも関係しており、キャラクターや背景の色にどのような色を用いるかによって読み手に与える印象をかなり変えられます。

他にも無彩色と呼ばれる黒い色や白色をはじめとしたいくつかの色も、デザイン作りの際には不可欠な存在です。 シックな雰囲気を演出しやすく、万人受けしやすいデザイン作りが可能です。

マンガ広告とカラーイメージに関して

マンガ広告は様々なところで使用されていて、かなりの宣伝効果を得ています。 これらのマンガ広告は複数の色が用いられたものが多く、カラーイメージの重要性が理解できるでしょう。

マンガがあるだけでも非常に目立ちますし、そのうえ適切な形でカラーバランスが施されていれば、より効果を高めてくれるでしょう。

おわりに

マンガ広告とカラーイメージは切っても切り離せない関係にあり、マンガが本来持っているメリットをより大きなものにしてくれます。 ストーリーに合った色を用いること、それができればメリットを享受可能です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。