カタログの基本とマンガ広告①

カタログは商品やサービスの詳細を記し、取引先企業や消費者に向けてアピールするためのものです。 商材に合わせたターゲットが求める情報を記載し、興味を持たれるような工夫をする必要があります。

紙媒体によるカタログは現在も多く使われており、各地で配布され、読まれています。 特にマンガ広告を導入しているカタログは成果が出やすくなっているので、おすすめでしょう。
そこで今回は、カタログとマンガ広告について解説します

カタログの基本とポイントについて

カタログは売上や申し込みを増加させるために使われることもありますが、知名度のアップといった形で使用されるケースも見られます。
用いられ方によってカタログ作りで重要な点は変化しますが、まず考えなくてはならないのが明確なターゲティングです。
ターゲティングがきちんと行われていれば、情報を欲している人に対してカタログを通して確実にアピールでき、情報発信者も受け取る側もWin-Winの関係になるでしょう。

紙のサイズやページ数によってはたくさんの情報が掲載できます。
そのため、本当に伝えなくてはならない情報は、目立つ部分に掲載するようにし、ストレートにアピールしておかないと、他の情報に埋もれてしまう可能性があるので注意しましょう。

またカタログ作成においての注意点として、商品やサービス、さらにブランドや企業イメージが損なわれないようにしなければならない、ということも大切です。 様々な事柄に気を付けなくてはなりませんが、だからこそ極めれば他社以上の成果も見込めます。

カタログとマンガ広告の関係性について

プロモーション活動において不可欠なカタログは、商談の際やその他様々な時に用いられます。 プロモーション目的のカタログが多いのですが、その他にも会社説明をはじめとしたカタログがあることも事実です。

いずれにしても相手に対して懇切丁寧で分かりやすく表現することが求められます。 文字や図表だけでは伝わりづらい場合は、内容に合わせたストーリー展開のマンガ広告を活用しましょう。

カタログとマンガ広告の関係性は意外にも良好であり、短編・長編を問わず様々なマンガが利用され始めています。 カタログにマンガがあるだけで同業他社との差別化がかなう点も魅力でしょう。

おわりに

カタログは主にプロモーション目的で使われることが多く、いかにして魅力を伝えるかが鍵になります。 望まれている情報もきちんと記載してターゲティングもきちんと行うことが大切でしょう。
またマンガ広告を使用することによってメリットが様々生まれる点も特徴です。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。