カタログ作成の3つのコツとマンガ広告

カタログ作成における重要な3つのポイントをご紹介します。 これらを把握して実践することができれば、宣伝活動の際にもメリットを得ることができるでしょう。

また、マンガ広告も併用することで、従来のカタログとは全く違った効果が望めます。
そこで今回は、カタログ作成の3つのコツとマンガ広告について解説します

表紙で特別なイメージを演出する

複数種類のカタログが陳列されている場合、読み手はカタログの表紙デザインを参考に選びます。 ということは表紙が何よりも大切になり、手に取ってもらうことで、詳しく読んでもらい成約に結び付けられる可能性も高まります。

ただ、オシャレさを意識することは重要ですが、それ以上にコンセプトを決めてそれをうまく表現できているかも考えてください。 カタログ内容に全く沿っていない表紙デザインであればミスマッチが生じやすくなり、機会損失が生まれてしまいます。

表紙制作の際にはカタログの制作側が意図しているアピールポイントを伝えるようにし、必要に応じてマンガ広告などを準備しましょう。 ターゲットに合わせたデザイン戦略こそが成功のもとであり、求められている内容とかけ離れてしまわないように気を付けてください。

違和感なく統一感を演出する

カタログは複数種類の情報が掲載されているので、どうしても統一感のない見た目になることがあります。 それではカタログ自体の出来ばえが悪く見えてしまいますし、読んでいて読みごたえを感じません。

読みやすく、なおかつ売上効果を出すためにマンガ広告をうまい形で織り交ぜて、全体的な統一感を出してみましょう。

理解しやすさを作り出すマンガや図表

カタログを閲覧する人の多くは、該当する商品やサービスに関する知識は乏しいでしょう。 それらの人たちに興味を抱かせて成約にまで持ち込むためには、分かりやすいものにする必要があります。

例えば画像や図表などがあれば内容を理解する時の手助けになり、自分自身が商品やサービスを利用している状況を思い浮かべやすくなります。 画像や図表は確かにおすすめであり実際に用いられています。
しかし近頃はそれらに加えてマンガ広告を導入する例が増えています。読み手の想像によりリアリティを与えることのできるマンガ広告を用いることで、驚くような効果が期待できるでしょう。

このようにカタログ作成の際には3つの重視したいコツがあります。

おわりに

カタログ作成というのは簡単に見えてとても難しく、特に成果を高めようと思えばコツをいくつも押さえなくてはなりません。 マンガの利用や理解の手助けとなる図表の設置、さらに表紙へのこだわりなども不可欠でしょう。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

Free consultation & price estimate

無料相談・お見積りはこちら

マンガ制作・イラスト制作について分からないことがあれば何でもお尋ねください。